YouTube 福岡の中古レコード屋・アッサンブラージュ・チャンネル「エグい音楽、R&B、ジャズ、ロック、オールディーズを紹介」。レコード、CD、ロック全般、ジャズ、ソウル、ブルース、R&B等、買取致します。


youtubeアップしました。
昼アップした内容がやっつけ仕事感満載だったので、
改めて自宅で落ち着いて、お酒でも飲みながらアップしました。

しかしながら、けっこう撮影前に強いお酒を飲んでいたので、
後半、酔っ払って挙動不審(笑)な感じで、動画削除しようかと思いましたが、
30分以上喋ったのでもったいないので、そのまま残しております。

喋ってる内容は相変わらず、50年代の音楽をメインにしたものですが、
やはり、この辺が私にとって一番好きなところで、
今回、紹介したかったミッキー&シルヴィアを持っていないのに気付き、
撮影後、すぐにCD注文しました。

ミッキー&シルヴィアなど、
50年代のR&Bやロックンロールは、CDではけっこう買取多いのですが、
レコードではなかなか買取が少なく、
CD時代になってカタログが多くなってきて、集めた人が多いので、
そしてまたシングルの時代なので、シングル・レコードを集めてる人も多く、
アルバム単位でレコードを集めてる人が少ないです。

またR&Bやロックンロールだけでなく、
キューバ音楽やサルサちゃラテンを集めてる人は
90年代にDJによって、レア・グルーヴとして再評価された再発盤レコードを持っている方が多いです。
この辺の再発レコードでもいいので、ぜひ、お売りください。

福岡ではジューク・レコードが無くなって、この辺のディープな音楽が買える店が少なくなっており、
あ、そう言えば、ふと思い出しましたが「ミュージックス福岡」って
店舗はなくなりましたが、現在もあるのでしょうか?
大薗哲夫さんってラジオの選曲なんかしてたりして日本有数のオールディーズ専門店でした。

ジャズ、ロック、ソウル、ブルース、R&B
ワールド・ミュージック、ラテン、サルサ等のレコード、CD、買取、出張買取、
店頭(持ち込み)、宅配買取致します。
福岡市の中古レコード屋・中古CD屋アッサンブラージュ。

YouTube 福岡の中古レコード屋・アッサンブラージュ・チャンネル「中古レコード屋店長が語る日本の隠れ名盤」。レコード、CD、ロック全般、ジャズ、ソウル、ブルース、R&B等、買取致します。


YouTube更新しました。
最近、三波春夫の俵星玄蕃の話してたと思ったら、
もう一年経ってしまいました。
まさか一年後ににわかサッカー・ファンの私が、
長友の言葉を発するとは思っても思いませんでした。

一年経ったら自分のYouTubeもデザインとか立派になるかと思っていたら、
ますます声も小さくなって、ネタも無くなり、
やる気もなくなり…いや、やる気はあります。

多分、一年前も三波春夫や森進一の話していたかと思います。
結局、好きな音楽は何度も聞いていることですね。

最近はサルサにハマってます。
友人とサルサの話をしていたら、
ふとアップル・ミュージックにウィリー・コロンのプロデュースによる
エクトル・ラボーのアルバム「コメディア」が目に入り、聞いたところ、
そのロマンチックな歌声に魅了されました。
サルサというと、どちらかというとリズムに魅力を感じていたのですが、
この「コメディア」でのラボーのボーカルは一人の歌い手として、
ボーカル・ミュージックとしてのラテン音楽の魅力を感じました。

映画「エルヴィス」のように、このサルサの伝説的歌手は映画になっており、
マーク・アンソニーの主役で「エル・カンタンテ」として、
共演はジェニファー・ロペスで公開されています。

そういえば、当時、映画は知らなかったのですが、
このマーク・アンソニーとジェニファー・ロペスのデュエット、
ワールド・ミュージックのDJイベントでかけました。

それからYouTubeで私の好きなピアニスト、
ラリー・ハーロウの日本公演の映像が丸々あがってました。
これが凄いのなんのって。
大量の打楽器が一斉に音を出しながら、
違うリズムと音色を醸し出し、
二人のボーカルとの絡みも最高で、
こんだけゴチャゴチャしていながら、粋なのであります。

ニューヨークのサルサは陽気なだけでない、
アンダーグラウンドな感覚があって、DJに人気なのも分かります。
そんな都会的で粋なサルサ、ファニアやブーガルー、デスカルガなんて、
聞いていこうかと思いますが、なかなかレコードやCDが高い!
そう言いながら当店ではウィリー・コロンの「エル・マロ」があったの思い出しましたが、
すでに売れてしまってました。

ラテンやサルサを聞くのは20年ぶりぐらいなので、
YouTubeで語るにはリハビリが必要です。

ロック全般、ジャズ、ブルース、ソウル、ワールド・ミュージックなど
福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。
福岡の中古レコード屋「アッサンブラージュ」。

YouTube 福岡の中古レコード屋・アッサンブラージュ・チャンネル「古いR&B/ジャズ/ジャンプ/ジャイヴ音楽を知りたい人へお勧めの本」。レコード、CD、ロック全般、ジャズ、ソウル、ブルース、R&B等、買取致します。


youtube更新しました。
売り上げ悪いのでいつもの3倍の量で土曜日も仕事して、
youtubeの音量アップのために、四苦八苦して、
マイクのテストをしたら、結局うまくいかず、
せっかく動画の用意していたので、
疲れ果てた状態で、ビール買ってきて、飲みながらyoutube更新しました。
正直、適当にその辺にあった書籍を紹介しただけで、
顔も疲労困憊、顔もパンパンで、酒飲み過ぎで、運動不足であります。
おっさん化が激しいのに無防備で動画撮るのはよくないですね…、

私のyoutubeはデザインを格好よくしたり、色々手を加えるのは諦めて、
レコード屋の店長が酒飲んで愚痴ったり、色々好きな音楽を語ったりする、
緩い動画でいきます。正直PCやスマホに追いついていくのは向いてないです。疲れました。

今回は1950年代以前の音楽、
最近ハマってるライオネル・ハンプトンやキャブ・キャロウェイなどの
ファンキーなおっさん達のジャズを調べるために読んでいた書籍の紹介です。
しかしながら、この辺の音楽ハマっている最中、
お客さんがフランク・ザッパのファースト・アルバム
「フリーク・アウト」をたまたま視聴されたのですが、
これが見事にハマりました。
ザッパが当時聞いてただろうR&Bやドゥー・ワップ、
この辺を当時のロックの楽器や音響でプロデュースしたら、
「フリーク・アウト」になったのでは。
だからザッパの見た目もライオネル・ハンプトンやキャブ・キャロウェイのような、
どこかジャズの胡散臭いおっさん指揮者みたいな顔してるんではないでしょうか(笑)
フランク・ザッパのインタビュー改めて読んでみようかと思います。

ジャズ、ロック、ソウル、ブルース、R&B等のレコード、CD、買取、出張買取、
店頭(持ち込み)、宅配買取致します。
福岡市の中古レコード屋・中古CD屋アッサンブラージュ。

YouTube 福岡の中古レコード屋・アッサンブラージュ・チャンネル「中古レコード屋店長による棚から一掴み」。レコード、CD、ロック全般、ジャズ、ソウル、ブルース、R&B等、買取致します。


今月は買取が多いのですが、CDはやはりレコードに比べて単価が低い。
CDの出品をしていると、作業量同じで、レコードの売り上げの1/4で、
トータルの売り上げが1/3ぐらいになる。
ツタヤやゲオがCDの買取をやめるはずです。
猫も杓子もレコード買取はじめて、
レコードの買取での入手も難しくなってきて、
最初のコメントで嘆いています。

「CDが売れない。レコードが売れる」
ネット・ニュースでもこの手のニュースが溢れかえっています。
これは業界では5年以上前ぐらいから話題になっていて、
今更感がすごいですが、お客さんにとっては知っちゃこちゃないですよね。

まあ、それでもCDを売る術は心得ていますので、
今月は大口買取があったので、赤字になるのは仕方ないのですが、
大型店のようなJポップ中心とは違う専門店ならではの強みで、
マニアが喜ぶCDの販売をやっていきたいと思います。

でもレコード欲しいです(笑)
ぜひ、買取お待ちしております。

しかしながら、前回といい今回といい、
ビル・ドゲットとか、ライオネル・ハンプトンとか、
ロイ・ブラウンとか、チャック・ウィリスとか、
全く再生数稼げそうなラインナップですね。
まあ、好きなんだから仕方ない。
声が小さいのも仕方がない。
パソコン音痴で何度検索しても分からない。仕方ない。
ネットの作業は全部業者に丸投げのアッサンブラージュ店長でした。

ジャズ、ロック、ソウル、ブルース、R&B等のレコード、CD、買取、出張買取、
店頭(持ち込み)、宅配買取致します。
福岡市の中古レコード屋・中古CD屋アッサンブラージュ。

YouTube 福岡の中古レコード屋・アッサンブラージュ・チャンネル「ジャズ3500枚買取。ロックに繋がるジャズ。ジャイヴ・ジャンプ・ボードビリアン」。レコード、CD、ロック全般、ジャズ、ソウル、ブルース、R&B等、買取致します。

YouTube更新しました。
先日、福岡県宗像市でジャズのCD、レコード3500枚以上出張買取ました。
オール・ジャズでここまでの数はなかなかないので嬉しかったです。
今回のYouTubeは最近ハマってるキャブ・キャロウェイをなんとか話したかったので、
先日のジャズの買取にかこつけて喋ってみました。

今回買取したのは1950年代以降のモダン・ジャズでした。
持ち主さんはオーディオにも相当力を入れらてたらしく、
LPレコードとLPレコードをCD化したアルバム中心です。
1950年代以前のSP中心のジャズは殆どありませんでした。

長いジャズの曲を入れられるようになったLPレコードが普及化したのは
1950年代以降です。
今回YouTubeで紹介したキャブやルイ・ジョーダンが活躍した1930-1940年代は
LPレコードは存在せず、SPレコードで聞かれてました。
現代のオーディオ・マニアの装置はほぼLPレコード対応です。
またCDマニアにしても、
元々マスター・テープは存在しないSPからの盤起こしである古い音源は避けられます。

ちょうど時期的にもアドリブ・ソロをメインにしたモダン・ジャズが主流になって、
LPレコードの普及にモダン・ジャズは向いていました。
こういうこともあり、このような戦前ジャズを集める方はなかなかいません。

戦前のボードビアリアンなど尚更収集してる方は少なく、
このようにジャンル分けできそうにない人は資料も少ないです。
今回、とにかく聞いた感じと時代の雰囲気を元に喋ってみました。
意外にこういうところから面白いものが見つかることも多く、
チャック・ベリーが自分の中で、ジャズから繋がるとは思いもよりませんでした。

福岡県宗像市をはじめ、福岡県全域、
ジャズ、ロック、ソウル、ブルース、R&B等のレコード、CD、買取、出張買取、
店頭(持ち込み)、宅配買取致します。
福岡市の中古レコード屋・中古CD屋アッサンブラージュ。

YouTube 福岡の中古レコード屋・アッサンブラージュ・チャンネル「ジュークレコードのセールで買ったCDを一気に紹介。今までありがとうございました」。レコード、CD、ロック全般、ジャズ、ソウル、ブルース、R&B等、買取致します。

YouTube更新しました。
ジューク・レコードが閉店しました。
天神行く楽しみがまた減りましたね。

ジュークと松本さんの思い出はブログとこのYouTubeで語っているので、
僕が楽しんでいた福岡の大学生時代の思い出を。

もちろんジューク・レコードに行くのは楽しみでしたが、
当時新譜を買いに行ってたのは「タワー・レコードKBC」です。
あそこで細長いCDの箱に入った輸入盤CDを買っていました。
あれ、レコード棚に合わせてアメリカで作られたらしいですね。
あの縦長の箱で売りに来られたお客さんいないです。
さすがにあれは保存するの大変だったので捨てたのでしょう。
あと、レコード終焉に近かったので、
セールをやってました。
フォー・シーズンズのクリスマス・アルバムを買った覚えが。
レコードとCD、まさかこんな逆転劇が起こるとは思いませんでした。

それから音楽好きの友人と当時赤坂のビル街に挟まれた小さな店舗だった田口商店に行って、
筒美京平やら鈴木邦彦とか作曲家で選んでシングル・レコードを買ってました。
所謂今の和モノ、グルーヴ歌謡ですね。
30年以上早かった(笑)。
でも当時から近田春夫とか「よいこの歌謡曲」とか一部の人は好きでしたよね。
それで田口で500円ぐらいでレコード買ったあと、
天神ビルのカレー屋さん行ってました。
ここがお代わりし放題だったと思います。
食事といえばジューク・レコードに行くときは「風街」にもちろん行ってました。
あと、今もある喫茶店。
名前忘れたけど、手前のスタンド席で安くコーヒーが飲める。
それから平和台球場に行って、外野の安い席で福岡に来たばかりの
福岡ダイエー・ホークスの試合を観る。
この流れが最高でした。
僕は福岡ダイエー・ホークスの初の公式戦観に行きました。
先発は山内孝だったかな。
相手は西武ライオンズで、客の人気は半々でした。
まだまだ福岡はライオンズ色強かったです。

こんな感じで、段々と昔あった風景が無くなっていくのは寂しいですね。

ロック全般、ジャズ、ブルース、ソウル、ワールド・ミュージックなど
福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。
福岡の中古レコード屋「アッサンブラージュ」。

YouTube 福岡の中古レコード屋・アッサンブラージュ・チャンネル「中古レコード屋店長お勧め90年代から現在のR&Bとヒップホップ」。レコード、CD、ロック全般、ジャズ、ソウル、ブルース、R&B等、買取致します。

YouTube更新しました。
他にもネットで検索して思い出したのが、
フェイス・エヴァンス、ドゥルー・ヒル。
ドゥルー・ヒルは良かったですね。
ボーカルはシスコかな。
見た目と大違いの実力派でした。
ドゥルー・ヒルを挙げなかったのは後悔ですね。
1995年周辺は新譜レコード屋で働いていたので、
新譜は良く聞きました。
2005年ぐらいから独立して、
自宅でネット販売のみしていたので、
この時代周辺5年も新譜をよく聞きました。

個人的に新しいもの好きだけに、
ファッションと同じように最新トレンドを聞くのが好きで、
何も聞きたいものがないときはヒット・チャートを聞いています。
そこで、ここ最近ひっかかりませんでしたが、
久しぶりにビヨンセの新譜はCD購入しました。

ネット見るとアーリヤ&R.ケリーの評価も高いですが、
最初のアイズレー・ブラザーズのカバーが好きでした。
アリシア・キースは別枠かな。
どちからというとノラ・ジョーンズみたいな感じで聞いてました。
T-Painも好きでしたね。「オートチューン」全開。
あれソウルというのか?って感じですが。

あと「ラ・フェイスのクリスマス」ってアルバムがあって、
そこで「ア・フュー・グッド・メン」ってグループが
「シルバー・ベルズ」を歌うんですが、これが絶品です。
グループ自体は売れなかったですが。
このクリスマス・アルバム素晴らしく、
TLCの2曲がオーガナイズド・ノイズが手がけ、
クリスマス・ソングを「ウォーターフォールズ」ふうに仕上げています。

聞いてる時と、聞いてない時があって、凸凹ですが、
私なりの1990年リアル・タイムで聞いた黒人音楽のオススメでした。

お店的には1970年代以前のレコードやCDの買取を求めております。

ロック全般、ジャズ、ブルース、ソウル、
ワールド・ミュージックなどレコード、CD、
福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。
福岡の中古レコード屋「アッサンブラージュ」。

YouTube 福岡の中古レコード屋・アッサンブラージュ・チャンネル「中古レコード店店長が250円ジャンクレコードを適当に取って解説してみた」。レコード、CD、ロック全般、ジャズ、ソウル、ブルース、R&B等、買取致します。

YouTube更新しました。
今日は某サイトのネット・ショップのシステムが酷すぎて、
お客さんへの対応に疲れ果て、
殆どネット・ショップへのレコード出品の仕事ができなくて、
やる気を無くして、余った時間をYouTube更新に当てました。
だからいつも以上に気合いが入っていない…(笑)。

ウイングスのヴィーナス&マーズのレコード何枚あるんだろう?
本当にすごく出来の良いレコードなので、ぜひ、購入してほしいです。
天下のポール・マッカートニーですよ。

郊外の某古本屋みたいにビートルズ関係だから、
やたらめたらに高い金額付けたりとかしておりません。
もちろんビートルズもレア盤や通常の状態であれば、
きちんと査定致します。
買取大歓迎です。

今日は某サイトのおかげで疲れました。
明日は出品頑張ろう。

来店のお客様でジャズ・レコードを大量に買って頂いたのが幸いです。
店舗にも良いレコードもなるべく持ってきていまたいと思っています。
その為には皆様からのレコード、CDの買取が必要です。

福岡市の西区の郊外で、とんでもないマニアックな店を作りたいです。
ネット・ショップがメインですが、
ネットに出せないぐらい買取が来たら、店にもいっぱい良いもの出せます。
ぜひ、ロック全般、ジャズ、ブルース、ソウル、
ワールド・ミュージックなどレコード、CD、
福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。
福岡の中古レコード屋「アッサンブラージュ」。

追伸 桑名正博のバンドはティアドロップスですね。
山口冨士夫のティアドロップスとは別のバンドです。

YouTube 福岡の中古レコード屋・アッサンブラージュ・チャンネル「映画『エルヴィス』DVD化記念プレスリーと周辺の音楽の面白さ」。レコード、CD、ロック全般、ジャズ、ソウル、ブルース、R&B等、買取致します。

YouTube更新しました。
最近はネタがなくて困ってました。
小学生の息子もYouTube動画作成にはまっていて、
なんと登録者数が300人もなっています。
子供の方が柔軟性に富んでますね。
私は正直、酒のつまみとか、仕事でやってるので、
純粋にユーチューバーを楽しんでる息子の方が羨ましいです。

さてネタがないと悩んでましたが、
そういえばエルヴィス映画のDVD&ブルーレイが発売されるじゃないですか。
そこで「アロハ・フロム・ハワイ」の動画を観ました。
何度観ても「アメリカの祈り」は感動しますね。
しかし、これDVDボックス以前持っていたのに、なんで売ったのだろう?
今、考えると本当もったいない。

先日、残念ながら福岡のレコード屋の重鎮、松本康さんがお亡くなりになり、
ジューク・レコードも閉店となり、セールをやっていますが、
私も大量に買わせて頂きました。

このセールで購入したCDやレコードは、
私が30年以上通ったジュークの集大成的な感じになりました。
今回紹介したアルバムはほぼそのジューク・レコードのセールで購入した商品です。

また、これで天神に行って楽しめる場所が無くなってしまいました。
赤坂にはありますが、天神は土地が高いし、
売り上げが見込める
メジャーなものしか扱わない街になってしまいました。

古いレコードやCDなどのマニアックなものは、
逆に郊外で楽しむのが主流になるのでしょうか?
我がアッサンブラージュもその一角を担いたいと思います。
ぜひ、福岡の皆様、遊びに来てください。

ロック全般、ジャズ、ブルース、ソウル、ワールド・ミュージックなど
福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。
福岡の中古レコード屋「アッサンブラージュ」。

YouTube 福岡の中古レコード屋・アッサンブラージュ・チャンネル「中古レコード店店長が選ぶアントニオ猪木名勝負ベスト10」。レコード、CD、ロック全般、ジャズ、ソウル、ブルース、R&B等、買取致します。

YouTube更新しました。
今回はアントニオ猪木さんを追悼して、レコードの話以外のYouTube投稿です。
私は猪木が好きで、初めて買ったLPレコードが、
「新日本プロレス・スーパー・ファイターのテーマ」です。
ここに収録されていたテーマが、
ディスコ、ファンク、テクノなどが中心で、
このレコードを繰り返し何回も聞いたので、
黒人音楽が好きになったと思います。
ダスティ・ローデスの「アメリカン・ドリーム」ってのが、
ディスコながら凄く遅いBPMで、
音数が少なく、その遅いBPMに渋さを感じ、
途中から華麗なストリングス・アレンジが入り、
フィリー・ソウルのうような展開になる曲調も逸脱です。
誰が作ったかよくわかりませんが、
今、プロレス・テーマ曲大全なる本も出てますので、
それで調べれば分かるでしょう。

レコード・ファンの方、今回はすみません。
私にとって猪木さんは特別なのです。

ロック全般、ジャズ、ブルース、ソウル、ワールド・ミュージックなど
福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。
福岡の中古レコード屋「アッサンブラージュ」。

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ