パパ・チャーリー・ジャクソン「All I Want Is A Spoonful」。ブルース、ジャズのレコード、CD、福岡、出張買取、 持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

Papa Charlie Jackson。
戦前ブルースにハマっています。
デルタ・ブルース。
きっかけは戦前ジャズ、ビッブ・バンド、スイングに飽き足らず、
クリフ・エドワーズ、ジョージ・フォームビー、ビング・クロスビーなど、
1920年代のポピュラー・ミュージックのオムニバスを聞いていたところ、
突如出てきたのが上記のこれ。

白人のウクレレ歌手やチャールストンばかりに気を取られ、
戦前ブルースを完全に忘れていた。

パパ・チャーリー・ジャクソンは1920年代のウクレレ・ブルース奏者。
彼のCDやレコードはなかなか入手が困難。
完全なブルース・マンというより旅芸人的な存在だとか。
確かに、クリフ・エドワーズ、ジョージ・フォームビーなんかに通じる
ウクレレ芸人的(牧伸二も聞いてみたくなった)。

となると、店にあったのは系統はちょっと違うがロバート・ジョンソン。

これで完全にデルタ・ブルースにハマり、
サン・ハウス、チャーリー・パットン、
ビッグ・ビル・ブルーンジー、ブラインド・ウィリー・マクテル、
ブラインド・ウィリー・ジョンソン、マディ・ウォーターズ、
次から次に出てくる。

熱いデルタ・ブルースも良いが、
粋なジョージアのブラインド・ウィリー・マクテルがお気に入り。

戦前ジャズに頭いっぱいで、
油井正一の「生きているジャズ史」を購入したが、
読む前に完全にブルースに行ってしまった。

その中間を行くようなブルース色たっぷりの、
キャブ・キャロウェイの3枚組のCDがもうすぐ届きます。

アニメ「ベティ・ブープ」の一場面から。

「ベティ・ブープ」のルイ・アームストロングも面白い。

戦前ブルース、ジャズのレコード、CD、
福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

マイルス・デイビス「スケッチ・オブ・スペイン」。ジャズのレコード、CD、福岡、出張買取、 持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

マイルス・デイビスの「スケッチ・オブ・スペイン」のモノラル盤を購入。
(CD、デジタル・リマスター盤)

ギル・エヴァンスの壮大なアレンジがモノラル盤では広がりがないが、
これはこれで、モノラルで録音された戦前クラシックの
ウィレム・メンゲルベルクのコンセルトヘボウ管弦楽団を聴くような、
音の迫力と深みを感じる。

マイルスの音の太さを味わうならモノラル盤の方がいいかも。

ステレオ盤で聴くと華やかなオーケストラの中に
繊細なマイルスのトランペットの美しさを感じる。

どちらも良いので、いずれステレオ盤も買わないと。

今までお店のレコードを聴いていたかが、
こうやって、コレクターに逆戻りしていく。

お店のレコードやCDは聞きたい時にないからね。
また、アップル・ミュージックで聴くのも、
気分的なものだがしっくりこない。

マニアなんだろうな。

ジャズのレコード、CD、福岡、出張買取、
持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

小川美潮&渋谷毅「はじめて」。レコード、CD、日本のジャズ、和ジャズ、日本のロック、 福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

レコード屋をやってる僕が言うのもなんだけど、
レコードやCDよりはるかにyoutubeなどの音源が気にいることがある。
ミュージシャンも承認している音源だと、
特にソフトに縛られずyoutubeのライヴ音源で良いのではと思う。
それでライヴがメインのミュージシャンであれば尚更。
もちろんCDが売れることにこしたことはない。
こちらの勝手な思い込みで、ミュージシャンにとって、
経済的な面で不利益かもしれないけど。

それで、僕の大好きなジャズ・ピアニストの渋谷毅さん、
お店でもyoutubeをCDレシーバーに飛ばして聞いている。
CDやレコードで聴くよりライヴの方が圧倒的に好き。

これを散々聴いて、渋谷さんが福岡に来られた時は毎度観に行っています。

でも、私のお仕事はレコード、CDを売買することですので、
ジャズや日本のロックのレコード、CDお売りください。

レコード、CD、日本のジャズ、和ジャズ、日本のロック、
福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

アート・ファーマー1958年録音「Portrait Of Art Farmer」から「Stablemates」。ジャズのレコード、CD、福岡、出張買取、 持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

新しい店舗で周りを気にする必要ない音量でアナログ・レコードやCDを聞いて一週間。

オーディオ的な聞き方が加わり、また音楽が面白くなった。

まず、ロックのレコードとCD。
こちら、音を上げると間違いなくかっこいいのが、
ジミ・ヘンドリックス。
BBCライヴのCDと未発表のライヴLP(タイトル失念)。
これらのガレージ感とファンク熱の凄まじさ。
もう圧倒的な音の塊。
2枚とも店内で流して、どちらも「かっこいい」と即売れ。
時代を超越したジミヘンの天才ぶり。
クラプトンやマイルスが衝撃を受けたのも、当時別格だったのもよく分かる。

しかしながら「ジミ・ヘンドリックスの思い出」という編集LPレコードは、
擬似ステレオなのか?これのスタジオ録音は迫力なし。

擬似ステレオでも関係ないのが、ロックの元祖エルヴィス・プレスリー。
1950年代の初期録音だが、
RCAから出されたステレオ編集盤だけど全く問題なし。

ジャズだが1940年代のチャーリー・パーカーのダイアル録音も、
音質は悪いが、こちらもかっこいい。

ステレオ普及前の録音技術関係なくガッツある音が心をとらえる。

さて、録音技術もアップした1950年代以降のモダン・ジャズ。
これでお気に入りなのがロイ・デュナンによる「コンテンポラリー」のLPレコード。
アート・ファーマー1958年の「Portrait Of Art Farmer」。
ロイ・デュナンの録音方法はある意味ガレージ的なところがあり、
アコースティックを最大限に活かしてるだけあって、
当店のようなログハウス調にピッタリなのだ。

さて、ジャズではまだブルーノートを聞いていない。
ルディ・ヴァン・ゲルダーの専用スタジオもログハウスなだけに期待大。

ジャズ、ロックのレコード、CD、福岡、出張買取、
持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

アネット「パイナップル・プリンセス」オールディーズ、ロカビリー、ロックンロールのレコード、CD、 福岡、出張買取、持ち込み、店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

小学生時代の同級生と久しぶりの長電話。
「東京ディズニー・ランド」について。

最近行ってきた夢の国。
友人も私も歳を忘れて楽しい思い出話をずっとしてしまいました。

今日はオールディーズをランダムに聞いていました。

ジョニー・サマーズはジャズ・ボーカルもボサノヴァも本格的です。
ブライアン・ハイランドは意外に黒いR&Bふうの曲が多いです。
ジーン・ピットニーは独自の声が個性的で、
さすがにローリング・ストーンズやフィル・スペクターといった
曲者と付き合ってきた感じがします。
コニー・フランシスは懐が広く、さすがに最も偉大なオールディーズ歌手だと実感。

そして、ディズニーといえばアネットです。
彼女は健康的で明るいディズニーにぴったり!
華やかさでは一番です!

オールディーズ、ロカビリー、ロックンロールのレコード、CD、
福岡、出張買取、持ち込み、店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

山下洋輔「枯葉」。日本のジャズ (和ジャズ) 、ジャズ・ピアノ、フリー・ジャズなど、福岡、出張買取、持ち込み(店頭)買取、日本全国、宅配買取致します。

https://www.youtube.com/watch?v=ojaK1I0ex6k

お盆休みも仕事続けながら、買ってたまっていた日本のジャズを聞きました。

フリー・ジャズの山下洋輔も良いけど、ロマンチックなピアノ・ソロもまた良し。
根っこにあるフリーの力強さがあるから、心に響くのでは。
この「枯葉」はかなりフリーしていますが。

猪俣猛&前田憲男は1960年代モダン・ジャズにしては革新的な
「ドラム・ショット」がお気に入りだが、
猪俣&前田に荒川康男が加わった強力なリズム隊は重い。
後半、前田のソロと猪俣のドラムのコンビネーションは最高です。

続いては渋谷毅と津上研太の「無銭優雅」から
「ア・リーズン・フォー・ティアーズ」を紹介したかったが、
YouTubeには二人の演奏はない。
渋谷毅オーケストラで。
これ映像も音も今までYouTubeにあがった渋谷オーケストラでは最高では。
9月福岡でも石渡、外山の3人のトリオ演奏、堪能してきます。

最後は明田川荘之のピアノ・ソロ。
唸りと共に弾かれるピアノは情熱的でありセンチメンタル。

日本のジャズ(和ジャズ)、ジャズ・ピアノ、フリー・ジャズ・ジャズなど、
福岡、出張買取、持ち込み(店頭)買取、日本全国、宅配買取致します。

追悼 山川啓介(井出隆夫)。堀江美都子「おまつりすんだ はらっぱに」。アニメ/特撮ソングのレコード CD 福岡 出張買取、持ち込み(店頭)買取、日本全国、宅配買取致します。

作詞家の山川啓介(井出隆夫)さんが亡くなりました。

僕が山川さんの歌で親しんだのはこの曲です。
作曲は福田和禾子さん。
福田さんも亡くなりましたね。

切なく哀愁漂う名曲です。

こういう歌に関しては解説しようがない。
純粋に心討たれます。

プロ中のプロの作詞家だからこそ成し得た傑作です。

矢沢永吉の「時間よ止まれ」にしても然り。

この名曲はずっと歌い継がれていくでしょう。

アニメ・特撮ソングのレコード、CD、福岡市、北九州市、福岡県内、
出張買取、持ち込み(店頭)買取、日本全国、宅配買取致します。

アニタ・オデイ「Who Cares」。女性ジャズ・ボーカルのレコード、CD、福岡、出張買取、持ち込み(店頭)買取、日本全国、宅配買取致します。

暑い夏にはひんやりとした女性ジャズ・ボーカルはいかがでしょうか?

このジャズ・ボーカルという分野、意外に底が深いと思う。
数がやたら出てるし、ジャケにつられて買ってみたら、どれもこれも似た感じ。
でも、ここから、微妙なニュアンスを探しだしていくのが面白い。
まあ、普通にアコースティックな演奏に美しい声がのるという大前提があるから、
ポップスとジャズが大好きな私にとって、そうそう買って失敗はない。

そう意味で、色々聞いて、今更ながら改めて名盤と再確認したのが、
アニタ・オデイの名盤「This Is Anita」から「Who Cares」。
このアルバム、全体的に隙がない。本当によくできている。
ポール・スミスのピアノ、バーニー・ケッセルのギター、
名手のバッキングが素晴らしい。

これまたバーニー・ケッセルのギターが大活躍するのが
アン・リチャーズ「ANN, MAN!」。
あの鬼才スタン・ケントンの奥さんでもあります。
この「An Occasional Man」はメランコリーでスイングして大熱唱!
ケッセルのギターのみで歌われる「There’s A Lull In My Life」も良い。
とにかく快調なアルバムです。
しかしながら、このアルバム、あまりYouTubeにない。
だから、また同じくスタン・ケントン楽団出身のアニタ・オデイでの「An Occasional Man」。
カル・ジェイダーとのアルバムから。
ジェイダーのヴァイヴが冷んやり気持ち良い。

アン・リチャーズはスタン・ケントン楽団で力強く歌ったこれが良い。
ケントン楽団は控えめなブルージーな演奏から、一気に爆発する。
当時、最もプログレッシヴな楽団らしい見事なオケ。
これに負けないリチャーズも素晴らしい。

続いても夏らしく、パーカッションもので。
ビバリー・ケリーのパーカッションのみで歌われる
「It Ain’t Necessarily」。
ガーシュウィン兄弟による「ポーギーとベス」からの一曲。

こっちは本物のラテン。
ブラジルの人気ボーカリストだったドリス・モンテイロ。
この1950年代の録音はボサノヴァ誕生以前なので、
「サンバ・カンソーン」か。
でもジャケットといい、美人で可憐な歌声といい、
ジャズ(ポピュラー・ボーカル)アルバムの趣。
リズムや楽器はブラジルしていて、とても優雅でおしゃれ。
アメリカの女性ジャズ・ボーカルに影響を受けたのかも。

このフラン・ウォーレンはデューク エリントンのオーディションに受かり、
クロード・ソーンヒル楽団で活躍して、
映画出演もしている実力派です。
正統派で力強い歌唱ながら親しみやすく、
とてもバランスが取れた歌手で、
各ジャズ楽団にとっても逸材として欲しい存在だったのでは。
これはクロード・ソーンヒル楽団での堂々たる歌声。
アレンジはギル・エヴァンスかジェリー・マリガンでしょうか。
スイングというより、抑制の効いたアレンジでゴージャスな張り詰めた緊張感、
所謂クール・ジャズの始まり、
この後、マイルス・デイビスはギル・エヴァンス、
ジェリー・マリガンと共に「クールの誕生」を生み出します。

その「クールの誕生」におけるボーカル入りの「Darn That Dream」。
ギル・エヴァンスがクロード・ソーンヒル楽団で得たオーケストラによる歌ものを、
ビッグ・バンドではなく、より音数が少ないクールな9重奏団で試みている。
バップの影響もあり、以前のスイング・ボーカルのハツラツとした感じとは違い、
実にスタイリッシュ。
ビリー・エクスタインやナット・キング・コールのバラードとも違う。
1970年代に追加収録された曲で、
1950年代にまとめられたLPには収録されてないと思う。
「クールの誕生」はクロード・ソーンヒル楽団と「マイルス・アヘッド」を繋ぐ、
過度期のものであり、先鋭な二人がチャレンジした意欲的な作品。
「クール」をテーマにしながらも非常に熱いものを感じる。
あ、これは女性ではなく、男性歌手ケニー・ハーグッド。

ジャズ・ボーカルのレコード、CD、
福岡、出張買取、持ち込み(店頭)買取、日本全国、宅配買取致します。

追悼・平尾昌晃「クレイジー・ラヴ」。日本のロック、ロカビリー、レコード、CD、 福岡、出張買取、持ち込み(店頭)買取、日本全国、宅配買取致します。

追悼です。

個人的に最高で、もっとも評価されていい日本ロッカーの先駆け平尾昌晃。

ポール・アンカのロッカ・バラードを情熱的に歌います。

演奏する津々美洋とオールスターワゴンもロック、R&Bセンスも素晴らしい。
出だしの津々美だろうギターも美しくキマッている。

作曲家の面だけでなく、こちらの評価も欲しい。

まともな編集盤はイギリスのロカビリー発掘に強いAceからの逆輸入盤しか出ていない。

この「クレイジー・ラヴ」は、Ace盤ではライヴとなっており、
オリジナル音源はCD化されてないと思う。
編集盤に収録は再緑音でソウルふう。またPヴァイの「マーチャン大いに歌う」もライヴ。
ただ、「ALWAYS 三丁目の夕日 名曲集」なるCDにも収録されてるが、
こちらはオリジナルかライヴか再発かは不明。

日本のロック、ロカビリー、レコード、CD、
福岡、出張買取、持ち込み(店頭)買取、日本全国、宅配買取致します。

SANTO & JOHNNY サント&ジョニー「Sleep Walk」。ロックンロール、オールディーズ、R&B、サーフィン/ホッドロッド、ハワイアン、 レコード、、CD、福岡、出張買取、持ち込み(店頭)買取、日本全国、宅配買取致します。

この手のミュージシャンはどういうジャンルなんだろうか。
サーフィン/ホッドロッドにしては老け込んでおり、
ロックンロールとも違う。
ムード・ミュージックの変形だろう。

しかしながらなんとも気持ちの良い音楽。
リズム感はR&Bやロックンンロールを消化していながら、
楽器の音色ももさることながら、
南国風味を出したハイ・センスなアレンジ。
たったスチールとエレキ・ギター、
たった二つの楽器で(リズム隊はいるが)
ホリデー気分を味わうことができる。

バック的なエレキのカッティングが素晴らしく、
スチールの魅力が全開に発揮されている。
コンビネーション抜群の二人。

ベンチャーズ好きな人やスラック・ギターのハワイアン好きにはお勧めです。

まさに隠れた、評価されていない、実力派グループのひとつ。
本国アメリカでは評価されてるかもしれないけど。

ロックンロール、オールディーズ、R&B、サーフィン/ホッドロッド、ハワイアン、
レコード、CD、福岡、出張買取、持ち込み(店頭)買取、日本全国、宅配買取致します。

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ