オジー・オズボーン「クレイジー・トレイン」。ハード・ロック、ヘヴィメタルのロック、レコード、CD、 福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

80年代ヘヴィ・メタルのダサカッコよさ。
(ハード・ロックではない)
これは近年の和モノブームに近いものがある。

彼らの魅力は渋さを排除したカッコよさの追求。
ところが演奏が抜群にうまいため、
時折、とても渋い演奏となる。
それでいて、根っから明るい。
(ブラック・サバスでさえ、というかオジー。)
この両極面が完全にハマった時、素晴らしい曲が生まれる。
(そして彼ら特有の兵器ギター・ソロ)
ただ、アルバムとしてはそうそう名盤は生まれない。

個人的にはオジー・オズボーンの「ブリザード・オブ・オズ」と、
モトリー・クルーの「ガールズ・ガールズ・ガールズ」。
ホワイトスネイクの「白蛇の紋章~サーペンス・アルバス」
この3枚とする。
次点「ブルー・マーダー」。
(やはりジョン・サイクスのボーカルがきつい)。

まず、上にあげたのがランディ・ローズ在籍時のオジー。
楽曲のキャッチーさとランディのギターの華やかさがサバスとは違う。
されど適度に重い。これぞヘヴィ・メタル。

モトリー・クルー「ガールズ・ガールズ・ガールズ」。
これぞ、現在のロックンロールのイメージ。
オールディーズがエルヴィス・プレスリーではないのが令和の時代。

ホワイトスネイク「Still Of The Night」。
ディープ・パープル時代もソウルフルでファンキーだったので、
この路線でドラマチックに仕立てるとこうなる。

1980年代をオールディーズと言うのは違和感あったが、
30年以上経つと「オールデイーズ」に違いない。

ハード・ロック、ヘヴィメタルのロック、レコード、CD、
福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

内田裕也 追悼 映像集。フラワーズ「コミック雑誌なんかいらない」政見放送 ロックのレコード、CD、買取、出張買取、店頭(持ち込み)買取致します。

内田裕也がどんだけかっこいいかの映像貼ります。
ロックンロール!

麻生レミ歌うフラワーズ。
「君恋し」のサイケデリック・アレンジが素晴らしい。

映画「コミック雑誌なんかいらない」の予告編。
三浦和義〜ポルノ映画〜おニャン子クラブ〜ビートたけしの流れ、
最後のコートにマウンド姿。
編集能力に脱帽。

伝説の政見放送。
本人曰く「シュールで気に入っていた」とか。
リスペクトするプロレスラーって猪木のこと。
ちなみにスポーツ平和党で猪木出た時の政見放送は、
村松友視との対談でした。

ロックのレコード、CD、買取、出張買取、店頭(持ち込み)買取致します。
福岡市の中古レコード屋・中古CD屋アッサンブラージュ。

「さびしさには名前がない」浅川マキ・渋谷毅「夢のなか」「サンタさんのふしぎ 」渋谷毅・なげのあやか「大人になれば」小沢健二・球体トリオ。

昨日レコード再生チェックしてたら、素晴らしいピアノ伴奏が。
私が敬愛する渋谷毅さんでした。

「浅川マキ ライヴ 夜」。
泣き叫ぶようなピアノはブルースです。
今まで聞いた渋谷さんのピアノでは最高かもしれません。
浅川さんとは長い付き合いになったのもよく分かります。

渋谷さんはとにかく子供がお世話になりました。
小学一年生ですが、まだ子供に聞かせて寝させています。
僕が聞きたいのですが…。
「夢のなか」の「聞いた夜は♪」と行く前の、
まるで、セロニアス・モンクのような間の取り方にゾクッとします。
こんな凄い演奏が小さなホールで親子向けにされてる所がまた凄い。

渋谷さんとの最初の出会いはこの曲です。
途中で一音「ピン!」って音を入れるところが素敵です。
色々微妙にアドリブかましていて、さすがジャズの人です。

今年も福岡お待ちしております!

ジャズ、ロック、ブルース、和ジャズのレコード、CD、
福岡、福岡市、北九州市、久留米市、飯塚市、出張買取、店頭(持ち込み)買取、
大量買取の場合は九州(佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島)、山口、出張買取致します。

日本のロックのカッコいい人たちを集めてみました。内田裕也、沢田研二、クールス、P-MODEL、電気グルーヴ、近田春夫、フラワーズ、橋本環奈、賀来賢人、掟ポルシェ。

日本のロックのカッコいい人たちを集めてみました。

内田裕也の「コミック雑誌なんかいらない」。
杖をこんなにカッコよく振り回すのは内田裕也しかいない。

ジュリーはローリング・ストーンズふうの名曲2曲。
個人的にシングル以外ではこの2曲が大好きなので嬉しいです。
顔をペールで覆って、完全にパンクです。
ただ、映像が取り込めない。
本当は「ヴァニティ・ファクトリー」と「気になるお前」の紹介でしたが、
「晴れのちBLUE BOY」で。

クールスはテディボーイ風アクションが最高です。

P-MODEL 平沢進。初期XTCのテンションですかね。
「600こちら情報部」が懐かしい。
これとか「YOU」とかNHKのサブカル路線観てました。

電気グルーヴ「電気ビリビリ」。
初期はラップ・グループって紹介されてました。
「冗談画報」の映像の方が好きだけど長いので。

ツイッターで見つけた掟ポルシェ。こういう映像は紹介しとかないと。

近田春夫&ハルヲフォン。これパンクとは何かって「11PM」の映像だっけかな?

もういっちょ近田春夫。「ファンキーダッコNo.1」。

これ忘れてた。賀来賢人のアクションもかっこいいが、
橋本環奈の踊りが凄すぎる。

最後も内田裕也です。フラワーズ。最高の映像美です。

以上です。日本のロックのレコード、CD、
福岡、福岡市、北九州市、久留米市、飯塚市、出張買取、店頭(持ち込み)買取、
大量買取の場合は九州(佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島)、山口、出張買取致します。

ジミ・ヘンドリックスからブギウギ・ピアノ、内田裕也まで。ブルース、ジャズ、ロックのレコード、CD、 福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

最近はジミ・ヘンドリックス、エリック・クラプトンの流れからブルースにハマってました。
その後、エルモア・ジェイムス、ハウリン・ウルフ、ライトニン・ホプキンスと
1950年代ブルースに行き、
戦前のロバート・ジョンソン、ブラインド・ウィリー・マクテル、
パパ・チャーリー・ジャクソンと行きました。

ここで、パパ・チャーリー・ジャクソンが旅芸人であり、
ブラインド・ウィリー・マクテルがブギー専門であることから、
ブルースの弾き語りのイメージより、
もっと芸人風情のある人たちを探しましたこところ、
出てきたのが、1920年代から30年代にかけて、
上記二人の同時期に活躍したハーフ・パイント・ジャクソンです。

この人はこの時代にしてはかなり弾けていて、
ブルースの色を残しながら面白い演奏を行います。
このいわゆる「ノリの良さ」。
これが黒人のブルース感覚と結びついて、
ロックンロールの元祖と言われてる所以です。

さて、この時代、ノリの良い音楽と言えば、
ピアノによる「ブギ・ウギ」です。
色々な演奏家がいますが、
ジャズを基盤とした人からブルースを基盤とした人、
とりあえず、特に面白いと感じたのは、
ジミー・ヤンシーとモンタナ・テイラーでしょう。
軽妙なヤンシーとブルース色強く重いテイラー。
同じブギウギでも個性が感じられて面白いです。
モンタナ・テイラーの曲は「デトロイト・ロックス」です。
この時代ロックは既に芽生えていたのですね。

日本のロックと言えば内田裕也。
バックで弾ける近田春夫のピアノは完全にブギウギのノリです。

ブルース、ジャズ、ロックのレコード、CD、
福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

ビング・クロスビー「ホワイト・クリスマス」。ディズニー映画「ピーター・パン」。ジャズ・ボーカルからサントラまで、クリスマス・ソングと1950年代の古き良きアメリカの音楽。

12月に入りまして、街はクリスマス真っ只中です。
私の好きなクリスマス・ソングを紹介致します。

まずはあまりにも有名なビング・クロスビーの「ホワイト・クリスマス」。
元々はフレッド・アステアと共演した「スイング・ホテル」での挿入歌でしたが、
曲自体に人気が出て同名タイトルで映画が作られました。
ダニー・ケイの軽妙な演技、美人のローズマリー・クルーニー、
コケティッシュなヴェラ・エレン、
1950年代当時のテクニカラーと相まって、
とても美しいクリスマス映画となりました。
劇中歌われる「スノウ」も好きな場面です。

ビング・クロスビーが続きますが、
「ホワイト・クリスマス(原題MERRY CHRISTMAS)」なるレコードも作られ、
今も売り続ける大ベスト・セラー・アルバムとなっています。

このアルバムには編曲でジャド・コンロンが参加しています。
「ピーター・パン」「不思議の国のアリス」「シンデレラ」など、
ディズニー映画の暖かみのあるファンタジックな曲に参加しています。
この曲を聞くと、それらの映画を思い出すかと思います。

ついでにもう一曲ジャド・コンロン・コーラスが印象的な
「ピーター・パン」の「右から2番目の星」。
ディズニー映画の音楽の全盛期は、
ジャド・コンロンが参加している1950年代前半だと思います。

ジャズ、ジャズ・ボーカル、古いアニメのサントラなど、
福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

ウィリアム・パーカー「morning mantra」。フリー・ジャズその2。デヴィッド・マレイ、アンソニー・デイヴィス、オル・ダラ、ムハル・リチャード・エイブラムス。

フリー・ジャズその2。

ウィリアム・パーカー「morning mantra」。
これはトランス・ミュージックですね。
ジャズ・オーケストラでフリーをやると凄い音が出ます。
何人でやってるか分かりませんが。

次は8人組のオクテットでのフリー・ジャズ。
デヴィッド・マレイ・オクテット。
このアルバム一曲目の「HOME」って曲がかっこいい。
ピアノが良い。
アンソニー・デイヴィス。
ヘンリー・スレッギル、オル・ダラとか強烈な面子です。

ムハル・リチャード・エイブラムス。
これはアンビエントに近いです。
AACMの創始者。

ジャズ、フリー・ジャズのレコード、CD、
福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

アンドリュー・シリルの新作「Lebroba」が凄い。ワダダ・レオ・スミス、ビル・フリーゼル、ヘンリー・スレッギル、ジャック・デジョネット、チャーリー・ヘイデン、 デイヴィッド・S・ウェア。

フリー・ジャズの大御所ドラマー、
アンドリュー・シリルの新作「Lebroba」が凄い。
ワダダ・レオ・スミス、ビル・フリーゼル。
空間を切り裂く各々の楽器のキレが凄まじい。

ワダダ・レオ・スミスという鬼才を今まで知らなかった。
大ベテランのトランペット奏者。

2014年のワダダ・レオ・スミスの作品「Great Lakes Suite」。
フリー・ジャズの大物がずらり。
ヘンリー・スレッギル、ジャック・デジョネット、
このベース奏者のジョン・リンドバーグというのがまた凄い。
超ド級ファンク・フリー・ジャズ。

アンドリュー・シリルですが、
これはかっこいい。
図太いベースはチャーリー・ヘイデン、
サックスはデイヴィッド・S・ウェア。

元々はライ・クーダーのサントラ聞いて、
ビル・フリーゼルが聞きたくなって、
このアンドリュー・シリルの「Lebroba」にたどり着いたのだが、
フリーゼルのギターは2011年のこのアルバムが好き。
「ビューティフル・ドリーマーズ」からの一曲と思ったら、
2018年の新作「MUSIC IS」の曲らしい。再録音?
何れにせよ、複雑でいて、分かりやすくいという稀有なギタリスト。

ジャズ、フリー・ジャズ、ルーツ系ミュージックのレコード、CD、
福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

何気に洒落てるギター曲6選。オーティス・レディング、アレサ・フランクリン、ジェイムス・テイラー、エルヴィス・プレスリー、星野源、ルイス・ボンファ。

最近、ギターの伴奏に惹かれています。
何気に洒落てるギター曲6選です。

オーティス・レディング。
「フォー・ユア・プレシャス・ラヴ」。
インプレッションズで有名な曲です。
もちろんギターはスティーヴ・クロッパーです。
渋すぎます。

次はアレサ・フランクリンの「リスペクト」。
出だしのリフが凄くかっこいい。
ジミー・ジョンソンか。

ジェイムス・テイラー「君の友だち」。
テイラーとダニー・コーチマーのコンビネーションが素晴らしい。

こちらもエルヴィス・プレスリーとスコッティ・ムーアの
二本のギターが美しい「アイ・ラヴ・ユー・ビコーズ」

星野源「ドラえもん」。
長岡亮介知って、彼のギター中心に聞いてしまう。
星野源は細野晴臣好きだけあって、
シンガー・ソングライターとは何かを知ってる曲の作り方をしてる。

最後は、何気にではなく、無茶苦茶ギター全開にお洒落な、
ボサノヴァの名手ルイス・ボンファ。

ソウル、ロック、ワールド・ミュージック、日本のロックのレコード、CD、
福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

ペトロールズ「FUEL」田島貴男&長岡亮介「接吻」「FUEL」レコード、CD、福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

日本のギタリストでこれっていう人を久しぶりに発見。
長岡亮介。
東京事変で浮雲という名でギター担当。

東京事変聞いた時はそんなに印象なかったのですが。
オリジナル・ラブの田島貴男と一緒に最近やってる人と名を聞いたぐらいだった。

子供が借りてきた星野源の「ドラえもん」収録の「ザ・シャワー」強烈なギター。
これが長岡亮介だと思う。

その後聞いたこの映像。

自身のバンド「ペトロールズ」と、
田島貴男との映像。
これとアップル・ミュージックで聞けたシングル2曲。
4曲全てが良くて、
田島貴男との共演CDを購入に至った。

丁度、エリック・クラプトンにハマっていたのだが、
彼は日本のクラプトンかも。
歌えるし、バックグラウンドがブルーグラス(クラプトンのレイドバック風味)。
バッキングでのギターも変幻自在。
素晴らしい才能です。

レコード、CD、福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ