JAZZ レコード・CD買取強化
日本のロック
マンガで分かる ここが違う!アッサンブラージュの買取
買取り手順について
レコード/CDを売る(買取)ための店主一問一答

「音楽好き」ありきの専門店です。

レコードとCDの買取は福岡のアッサンブラージュへ。

当店は、ロック、ジャズ、R&B、ブルース等のレコード・コレクターだった店主が、外資系のレコード店とワールド・ミュージック専門店での販売経験を活かしはじめた中古レコード屋です。

このサイトは買取や販売のお知らせだけでなく、音楽紹介のコンテンツにも力を入れています。
ぜひ、ゆっくりと、ご覧下さい。

福岡は音楽の街です。出張買取で様々なレコード蒐集家と出会いました。

伝説のロック・バンドの裏方、福岡出身の大物歌手、福岡市内の老舗ジャズ喫茶、世界的ワールド・ミュージックの研究家、著名オールディーズ・バンドのメンバー、 ロック・ギタリスト講師、R&Bとブルース・マニアのラジオDJ、大手レコード会社の元社員。

ただ買取するだけでなく、ディープな音楽談議も楽しい仕事のひとつです。

もちろん、レコードやCDを売るのが初めての方も、お気軽にお問い合わせ下さい。
信用と安心できる買取・販売を心がけています。

ロック、ジャズ、 ブルース、R&B、ソウル、ワールド・ミュージックのレコードやCDの買取は、
ぜひ、アッサンブラージュへ。
福岡市、北九州市、福岡県近郊、出張買取、宅配買取、持ち込み(店頭)買取致します。
お電話・メールお待ちしております。

買取日記

2020.11.20
福岡市博多区へシティポップ等レコード出張買取。… 福岡のレコード買取店
2020.11.16
熊本レコード買取と志免町のCDとDVD買取。… 福岡のレコード買取店
2020.11.14
音楽も過激だった1980年代の新日本プロレス。… 福岡のレコード買取店
2020.11.09
オルガンやシンセ音楽の福岡レコードCD買取ます。… 福岡のレコード買取店
2020.11.07
福岡市城南区、福岡市南区からレコードの買取。… 福岡のレコード買取店

店主のディスクジョッキー

店主のディスクジョッキーでは、ロック、ブルース、R&B、ソウル、ジャズ、ワールド・ミュージック、日本のロックなど、アッサンブラージュ店主の趣味の世界を映像とコメントで紹介します。

アッサンブラージュについて

『アッサンブラージュ』とは「アンサンブル」のフランス語で、 また美術用語で「寄せ集め」を意味し、様々なジャンルの音楽のレコード・CDを取り扱いながら、 一つの個性あふれるショップを実現したいと思い名付けました。
ロック、ジャズ、R&B、ソウル、ブルース、ワールド・ミュージック、ボサノヴァ、ロカビリー、日本のロック…。
これらのジャンルを愛してやまない当店だけに、「安心、誠実、敏速」をモットーに、レコード・CDを一枚ずつ丁寧に見落としないよう買取・査定致しております。
ぜひ、福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺のレコード・CDの出張買取はアッサンブラージュへ、お気軽にお電話、メール下さい。
来店持込買取・全国宅配買取も承っております。

古本・ポスターの買取はアッサンブラージュ

お電話によるお問い合せは092-404-9961まで

アッサンブラージュ買取りQ&A

  • 1.アッサンブラージュを始めた経緯と展開
  • 2.どんなレコード、CDを買取るのか
  • 3.アッサンブラージュの買取理念
アッサンブラージュを始めた経緯
元々レコードやCDを3000枚程収集していたコレクターで、休日は福岡中の中古レコード屋を回る日々。天神の「ジューク・レコード」や赤坂の「田口商店」がお気に入りでした。
仕事でも、外資系のCDショップやワールド・ミュージックを扱う会社に勤め、ノウハウを学び、自分の好きなロックやジャズを扱う中古レコード店を開業しました。
興味があるジャンル
ロックとジャズと黒人音楽がメインです。ルーツに根ざした音楽が大好きで、今も日々代わる代わる音楽に関する興味が貪欲に変化しています。
最近では「ジャズの録音技師、ルディ・ヴァン・ゲルダーとロイ・デュナン」「西海岸ジャズとレッキング・クルー、ボサノヴァ、フュージョンの関係」「和製ロカビリーと日本のジャズ」「イギリスの1960年代ブルース・ロック」「ローリング・ストーンズ全アルバム研究」などに興味を持ちました。「レコード・コレクターズ」等の文献を脇に置いて聞き漁る毎日です。
好きなレーベル
好きなミュージシャンは数え切れないほどいるので、レーベルで。
「アトランティック」「ブルーノート」「コンテンポラリー」「サヴォイ」「チェス」「デルマーク」「スタックス」「ハイ」「フェイム」 「サン」 「フィルス」「コルピックス」「A&M」。
再発レーベルは、国内では「Pヴァイン」「ライス」「ボンバ」「ViViD」など。海外では「ライノ」「エイス」「コレクタブルズ」「ベア・ファミリー」などです。
買取するレコードとCDの傾向
ロック、ジャズ、 ブルース、ソウルなど、輸入盤、国内盤、何でも買取致しております。同ジャンル(似通ったジャンル)がまとまったコレクションは嬉しいです。
洋楽のレコードの場合、UK盤、US盤など、その国のオリジナル盤は高めです。国内盤の場合は「帯」があれば買取額が上がります(初版の帯付きの美品などであれば高額買取となります)。
また、特殊な「高音質盤」「赤盤」なども買取額アップです。もちろん状態や内容にもよります。
買取理念
福岡にある大型CDショップや既存の中古レコード屋に負けない、スピーディーで、専門的な買取を心がけております。
初めてレコードやCDを売る方にも、優しく、丁寧に対応致します。大量コレクションお売りくださる場合も一枚ずつ丁寧に査定致します。
ぜひ、福岡のレコード・CDの出張買取はアッサンブラージュまで!

買取りジャンル

レコード/CD

●ワールド・ミュージック~ラテン/サルサ/アフリカ/フランス/アラブ/ベリー・ダンス/ブラジル/ヨーロッパ/アジア/ボサノヴァ/ハワイアン/他

●ロック~ロック/ソフトロック/ハードロック/プログレ/ニューウェーブ/ポストロック/他

●黒人音楽~ソウル/R&B/ブルース/他

●ジャズ(JAZZ)~モダン・ジャズ/フリー・ジャズ/戦前ジャズ/フュージョン/ジャズボーカル/ジャンプ・ジャイヴ/他

●日本~ロック/フォーク/ニューウェーヴ/歌謡曲/演歌/他

※レコード買取り難しいもの~70年代・80年代の歌謡曲・演歌~ものによります(50年代・60年代は買取り歓迎致します)。問い合わせ下さい。CDは買取り大歓迎です。

●ラウンジ/カフェ・ミュージック

●サウンドトラック(サントラ)

●ソノシート

●カントリー&ウエスタン/ロカビリー

●クラシック

●SPレコード(歌謡曲・ジャズ・演芸・漫才・落語・他)

●ブルーレイ Blu-ray/DVD

【福岡レコード買取の心得】

「中古レコード屋に買取してもらうこと」

福岡に店舗のあるレコードやCDのみを扱う中古レコード屋やCDショップは音楽マニアが好きで始めたお店が多いです。郊外の大型店、なんでも扱うお店、買取のみ行っているところと比べると知識とレコードへの愛情が全く違います。かく言う店長の私もレコード業界に携わって25年、レコード・コレクターになって32年、専門店で買取してもらうことに間違いないと思います。福岡の郊外にあるとは思えないほど、当店、実店舗でも信じられない程マニアックなレコード話が毎日のように飛び交っています。

「レコード・CDコレクター大歓迎」

1000枚で一人前、一万枚でプロ・コレクター。そのような話を聞きますが、実際10枚しかお持ちでなくても、音楽の本質を突いて、こちらが唸ってしまうようなセンスをお持ちのお客さんは沢山います。ただレコードを大量に聞くことで耳は鍛えられ、深い音楽の楽しみ方ができます。またレコードを集めることは単純に楽しいです。歴史ある音楽雑誌「レコードコレクターズ」の創刊時に、編集長の中村とうよう氏は「音楽を語る蘊蓄も良いが、集めることの楽しみを伝えたい」。このようなことを編集後記に書かれてました。私自身も実際毎日のようにCDを購入しています。「昨日はジャズ、今日はレゲエ、明日はハードロック、明後日届くのはブルースか」ってな感じです。レコード10枚程から大量のレコード・コレクションまで対応致します。実際コレクションをお売りされる方は50枚から300枚ぐらいが多いです。

「同ジャンルのレコードが多ければ嬉しい」

今まで買取してきて嬉しい買取例。

  • 福岡市の出張買取にて「レコードでジャズを300枚、ロックを400枚、日本のロックを100枚(今で言う和モノ)、ソウルやブルースを100枚、ワールド・ミュージックを100枚持ってます」。このようなお客さんはバランスが取れて嬉しいですね。
  • 北九州市出張買取にて「モダン・ジャズのレコード1000枚持ってます」とてもきれいなコレクションで嬉しかったです。
  • 熊本市の出張買取にて「ヨーロッパのフリー・ジャズを中心にオリジナル盤レコード500枚」。これは過去最高額で買取ました。
  • 福岡市の出張買取にて「プログレとハードロックの帯付きレコードを300枚」。今のレコードコレクターは「帯・命」って方多いです。「こんなレコードが国内から出てたの?」って驚きもありました。
  • 福岡の店舗に毎週のように2ヵ月間ビートルズやポール・マッカートニーのCDボックスや○周年CDデラックス・エディション、昭和特撮や昭和のドラマのDVDを持って来られたお客さんも驚きでした。

「50枚の歌謡曲レコードの中にもお宝が」

  • 電話にての買取問い合わせです。
  • 客「歌謡曲のレコードがあります」
  • 私「ロックなどはないですか?」
  • 客「エルヴィス・プレスリーの今夜は快調とかその時代のシングル盤が数枚ありますが」
  • 私「持ってきて下さい!○○○○円で買取ます!」
  • 客「歌謡曲のレコード30枚あります」
  • 私「洋楽のレコードはありませんか?」
  • 客「UFO。これは洋楽ですか?」
  • 私「帯あります?盤の色は?」
  • 客「帯あります。盤は赤です。」
  • 私「状態にもよりますが○○○○円で買取保証します!」

「できたらきれいな保存状態が良い」

レコード盤傷だらけで聞けないと意味がありません。「ジャケが古くて良い味出してるでしょう?」いえ、そのレコードはよくあるムードミュージックで盤は経年劣化でカビだらけ。ほぼ価値ないです。古ければ良いわけではいです。しかも最近はCDよりレコードの方の新譜の量が上まっています。ボロボロのピンク・フロイドの当時もの国内盤レコードよりピカピカの最近出た復刻盤レコードの方が買取は高いです。

「安心の福岡での対面レコード買取」

言わずもがな、相対して顔を合わせることは安心感があります。店舗での買取は他のお客さんもいますので、こちらも嘘はつけません。もちろん出張買取でも真摯に対応します(笑)。
また宅配買取は時間と手間もかかりますし、「送料無料」と書かれても、実際のところ送料分引かれてる可能性もありますしね。

「遺品整理でのレコードやCDの買取」

亡くなられた家族や親類のコレクション。 途方もなく多くのレコードやCDの山は遺品整理で処分しまいがちです。 お宝を捨てるのはもったいない。 持ち主がいなくても、きちんと丁寧に査定します。 レコードやCDのコレクションは貴重な財産です。

「それでもCDは買取し続ける」

CD昔に比べると、とんでもなく売れません。でも、サブスクで聞けるけど、ジャケが素敵なブルーノートのジャズのCDやアトランティックのR&BのCDを捨てるの?なんだかんだで、オリジナルの公式的なソフトですよ。デジタルリマスターされて音も良いんですよ。レコード化されてない音源もありますよ。捨てないで下さい。CDも買取ます。

「買取人気の高いレコードは」

●ロック

もちろん人気のビートルズ。初回半掛け帯付き、「トニー・シェリダンとザ・ビート・ブラザース」の「マイ・ボニー」のオリジナル盤、その他にもUK盤、赤盤&帯付き、ジャケ違い、モノラル・カラー盤などです。
プログレも人気が高いです。これもピンク・フロイドの赤盤の帯付き、マイナー・プログレの日本盤帯付き、UK盤などです。ドイツやカンタベリーのプログレも人気高いです。
ハード・ロックはブラック・サバス、アイアン・メイデン、メタリカなどが人気高い盤と思うとすぐに思い浮かべます。もちろん帯があったほうが価値高いですし、レッド・ツェッペリンだったら初回・日本グラモフォン盤など。ディープ・パープルの第一期・日本グラモフォン盤も高いです。
イギリスのロックは帯付きは人気です。デヴィッド・ボウイ、ブライアン・イーノ関連、パンクやニュー・ウェイヴもオリジナル盤や国内帯付きは高いです。例をあげるとダムド、クラッシュ、XTC、スミスなど。
USロックももちろん買い取ります。日本独自ジャケのボブ・ディラン初回盤とかエルヴィス・プレスリーのマイナー・シングル盤(サン・レーベルの日本盤再発ものとか)、グレイトフル・デッドやフランク・ザッパなどカルト人気が高いものは人気です。
1990年代から21世紀はレコードの流通が少ないため、ロックは総じて高いです。オアシス、ニルヴァーナ、ブラー、ベック、プライマル・スクリーム、マッシブ・アタック、ケークなど。
あと、日本語で書かれたジャケが海外マニアを唸らせるロックの日本盤シングル・レコードも人気です。

●ジャズ

ブルーノートは総じて人気、ビル・エヴァンス、エレクトリック期のマイルス・デイビス、THREE BLIND MICEの和ジャズや、音質の良い「オーディオ・ラボ」の和ジャズ、もちろん綺麗なモダン・ジャズのオリジナル盤は人気があります。国内盤のモダン・ジャズ(「リバーサイド」「プレスティッジ」など) なら一定の金額査定はよほど状態が悪くない限りは付きます。他に考えるとヨーロッパのフリー・ジャズ、日本企画録音のジャズ、ジュリー・ロンドンなど美女ジャケのジャズ・ボーカル、1960年代後半から1970年代のレア・グルーヴのジャズ、ブラック・ジャズやらストラタ・イースト等スピリチュアル・ジャズ、日本の和ジャズの人たち行うロック(石川晶など)が思う浮かびました。個人的にはDIWなどから出たフリー・ジャズや、パンク・ジャズ、それから一時期ハマっていた阿部薫、渋谷毅、明田川荘之とかのアングラ・ジャズなどです。

●ソウル/R&B

ニュー・グルーヴ、サザン・ソウル、ファンク、初期R&B、ドゥーワップ、甘茶ソウル、レア・グルーヴなどですが、これは総じて個人的に好きなので査定が甘くなるかも(笑)。サザン・ソウルで言えば、人気盤はゴールド・ワックスやらハイ・レコードのオリジナル盤なんですかね。ドゥーワップのオリジナル盤とか強烈なアイテムも人気高いです。山下達郎が「レコード・コレクターズで今年の一枚」なんかであげてるレコードですね。

●ブルース

戦前、シカゴ、テキサス、モダン、総じて人気です。Pヴァインから出てるシリーズの買取なんか嬉しいです。けっこう数は出回ってますが、安定した相場です。オリジナル盤もなかなか出会うことは、ほぼないですが、ライトニン・ホプキンスのオリジナルとか、戦前ブルースマンのSPとか見てみたいものです。今だとボ・ディドリーやらマディ・ウォーターズの1970年代の音がレア・グルーヴとして人気が高いかも。

●ワールド・ミュージック

なんと言ってもテレサ・テン。あるレコード屋は「ビートルズとテレサ・テン買います!」なんて宣伝してました。私が元働いていたお店がワールド・ミュージック関連でした(アジア音楽に強い店でした)。だから中国のロックの崔健とかCDでも欲しいです。レスリー・チャンやアンディ・ラウでもレコード、CD買取ます。
また、元はと言えばワールド・ミュージックの専門店をやりたかったので(当時、中村とうようにハマっていました)、彼の紹介していた、その手の分野のレコードは欲しいですね。 ブラジル(ボサノヴァ)、ラテン(キューバ、カリブ海)、アフリカ、レゲエ(ダブ)、アラブ、東南アジア、ヨーロッパなどのレコードやCD喜んで買取ります。

●日本の音楽(和モノ)

まずは山下達郎、細野晴臣、吉田美奈子、小坂忠などのシティ・ポップ、ティン・パン、はっぴいえんど、ナイアガラ周辺、それらに関わった和モノ・ガイドなんかにのるシティ・ポップやロック、ファンクなど。石川晶、稲垣次郎、猪俣猛、鈴木宏昌などジャズ畑によるロックやファンク、阿木譲の「ロック・マガジン」などに載っていたアングラ・パンクやニュー・ウェイヴ、宝島やYENなどの1980年代サブカル・ロック、めんたいロック(特にルースターズ)、内田裕也から派生するフラワー・トラヴェリン・バンドや、高額取引されてるスピード・グルー&シンキ、ブルース・クリエイション、フード・ブレインなどロック黎明期のハード・ロックやアート・ロック、フリッパーズ・ギターやらスチャダラ・パーなどのCDとの端境期に出た渋谷系のレコード、幻の名盤解放同盟などが紹介した珍盤・奇盤。あと最近人気があるのは自主制作による各地方のジャズやファンクやロックです。

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

お知らせ

■買取~9時から20時まで受付中。
■店舗~13時から19時まで通常営業。

店主のディスクジョッキー

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ