福岡市早良区からレコードの店頭(持ち込み)買取。

福岡市早良区からニュー・ウェイヴとジャズのレコード
100枚ほど店頭買取がありました。

ニュー・ウェイヴは、キュアー、トーキング・ヘッズ、リップ・リグ&パニック、
バウハウス、ジャパン、ディーヴォ、ゲルニカ他多数。

ジャズは、マイルス・デイビス、エリック・ドルフィー、
ビル・エヴァンス、ビリー・ホリデイ他多数。

トーキング・ヘッズは最近デヴィッド・バーンの映画が公開されて、
人気が高くなっています。

デヴィッド・バーンとブライアン・イーノの共作である
「ブッシュ・オブ・ゴースツ」は衝撃的でした。
実験音楽のようでいて、ファンキーで挑発的であり、
民族音楽的なフィールド録音とも違う、
セクシーでいて、原始的な音をやってるところがカッコよく、
今、聞いてもとても面白いです。

この時期のニュー・ウェイヴで好きなのは
ポップ・グループ、PIL、レジデンツ、
ジョイ・ディヴィジョン、トーキング・ヘッズ、XTCなど。
リズムありきで、複雑なポリリズムから刺激を受けます。

最近、聞いていたブルーノートのジャズ、
リー・モーガンの「ザ・クッカー」。
ポール・チェンバースとフィリー・ジョー・ジョーンズの
黒いコンビネーションが好きで、
ポール・チェンバースは1957年のソロ
「ポール・チェンバース・クインテット」では
エルヴィン・ジョーンズとのコンビで緻密なリズムのたっぷり味わえます。
エルヴィン、それからマックス・ローチこの2人は
僕が最も好きなジャズ・ドラマーです。

ハード・バップ・ブーム終了後の1960年代ぐらいからの
エルヴィン・ジョーンズやマックス・ローチ、
ベースのチャールス・ミンガスのソロ・アルバムでの、
ポリリズムと前衛的なサウンドは、
先にあげたニュー・ウェイヴに繋がるかと思います。

ベースが強調された音楽は強い肉体性を感じさせます。
当時のニュー・ウェイヴに多大な影響を与えたレゲエ/ダブもベースが強調されてます。

福岡市早良区からニュー・ウェイヴとジャズのレコード、CD、
福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ