ロック ブルース ジャズCDレコード福岡買取ます。

最近ローリング・ストーンズの話題をすることが多い中で、
昨日たまたま聞いた1974年あたりのブート・ライヴが良かったので、
「ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト」を改めて聞いてみた。

「ストレイ・キャット・ブルース」あたりから
ノリはじめてくる感じで、音響が凄い。
ストレートなサウンドなのに、
チャーリー・ワッツの作るグルーヴがスイングしていて、
残響音のようになり、エコーを生み出し、奥行きの深さ感じさせる。
その上をギター二人とベースが図太い音を重ねて、
さらにミックがその上に乗っかてくる。
この縦軸のアンサンブルこそローリング・ストーンズならではないか。

続くは穏やかなブルース・ナンバー「むなしき愛」。
ロバート・ジョンソンのカバー。
伝説のブルースマンの美しい音色、
とても一人で弾いてるとは思えないギター・マジックを、
二人のギターが分かち合って、
ロック・アンサンブルとして再現してるかのごとく聞こえる。
ミックの声も甲高いジョンソンの声色を真似てるかのよう。
これぞ本来の意味でのブルース・ロックではないか。

「ミッドナイト・ランブラー」から「リトル・クイニー」までの勢いが凄い。
ローリング・ストーンズの魅力が全て詰まってる感じ。
シェイクするチャーリー・ワッツの上にミック・テイラーとキースのギター・ソロと
ミックがアジりながら叫び歌い続ける「悪魔を憐れむ歌」。

次の「リヴ・ウィズ・ミー」は出だしから図太く楽器群ブンブンうなる。
とにかくギターがこれでもかと冴え渡る。

ここでクール・ダウンしての「リトル・クイニー」。
チャック・ベリーの曲をスローにブルースさながら歌うのはストーンズの真骨頂。
終盤全楽器ががなだれ込み一体となって一つのグルーヴを作るのが凄い。

1970年「レット・イット・ブリード」と
「スティッキー・フィンガーズ」の間に発売されただけに、
最高のライヴであること間違いない。

ジャズ、ロック、ソウル、ブルース等のレコード、CD、買取、出張買取、
店頭(持ち込み)、宅配買取致します。
福岡市の中古レコード屋・中古CD屋アッサンブラージュ。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ