福岡の1960年代音楽レコードCD買取ます。

1960年代の女性アイドルのアネット・ファニセロなんか聞いてると、
こういう音が大好きなのに気づく。
ロックンロールを基本として、
パンチのあるボーカルで歌うポップス。
これに色々と装飾を付けたのが、
フィル・スペクターであり、ブライアン・ウィルソンであり、
ビートルズである。

アネットはディズニーが生んだアイドルです。
デイズニーの音楽担当であるシャーマン兄弟による
大ヒット曲である「パイナップル・プリンセス」は1960年作品です。
南国風のアレンジで、
二重唱など1950年代初頭のパティ・ペイジなどをモチーフにした、
現代風(1960年代だけど)ティーン・ポップスに仕上げており、
特にアレンジに凝ったことはしていません。

1950年代から1960年代初頭までロックンロールやポップスは、
特にエルヴィス・プレスリーやパティ・ペイジ、
その後のロカビリー、ナッシュビル・サウンドなど、
カントリーやR&B、ジャズの域を出ていません。

ここに最初に現れたのが「フィル・スペクター」ではなく、
西海岸のリー・ヘイゼルウッドであります。
ヘイゼルウッドはデュアン・エディに低音でギターを弾かせ、
艶かしいサックスと絡め、
ロックにハードでヘヴィなイメージを植え付けた第一号だと思います。

東海岸では黒人音楽ながら、ドリフターズでストリングスを取り入れたのが、
ジェリー・リーバーとマイク・ストーラーであります。

そして、そのヘイゼルウッドのパートナーであるレスター・シルは、
その後フィル・スペクターと手を組み「フィレス」を設立。
リーバーとストーラーに弟子入りしたのもフィル・スペクターであります。

1960年代前後、東西をかけ巡ったフィルは、
ドリフターズやヘイゼルウッドからストリングス・アレンジや録音技術などを学び、
かの「ウォール・オブ・サウンド」を作り上げ、
アネット・ファニセロなどのアイドルが歌っていた音楽を、
後のビートルズやサイケデリック音楽に繋がる音に仕立てあげたのです。

これを見ていたのがビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンです。
彼はアネットにも曲を提供しましたが、
単なるティーン・ポップスには飽き足りず、
フィルの影響が大きい音楽を
アイドル・グループである自らのビーチ・ボーイズでチャレンジした結果、
名盤「ペット・サウンズ」が生まれました。

1964年イギリスからアメリカに降り立った飛行機には、
全米及び世界を席巻するビートルズが搭乗しており、
なんと同じ飛行機にはフィル・スペクターも同乗していたという奇遇。

その後、ビートルズ、ジョン、ジョージを次々にプロデュースするフィルですが、
それ以前の「リボルバー」や「サージェント」にはフィルの試行錯誤のアイデアが、
ビートルズにもそれなりに影響を与えていたと思います。
だからこそのジョンやジョージのフィル起用ではないでしょうか。

エルヴィス・プレスリー、ブルース、R&B、アイドル・ポップスの
シンプルな音も心に響きますが、
それらに装飾を付けたフィル、ブライアン、ビートルズ、
ヘイゼルウッド、リーバーとストーラーのアイデアは、
とても面白いものがあります。
だからずっと聞いてると、色々と発見することが多く、
何度も何度も聞いてしまいます。

ロック、ジャズ、ソウル、ブルース、R&B、オールディーズのレコード、CD、
福岡、福岡市、北九州市、久留米市、飯塚市、出張買取、店頭(持ち込み)買取、
大量買取の場合は九州(佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島)、山口、出張買取致します。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ