ジャズのレコード、CD、福岡、買取致します。

ジャズのレコードやCDの買取が少ないのと、
店舗でのジャズの問い合わせが多いので、
ジャズのブログを久しぶりに書いてみます。

現在、頭の中はエルヴィス・プレスリーどっぷりなので、
1954年、エルヴィスがデビューした時、
ジャズはどんなレコードが発売されたのかを調べてみます

チャーリー・パーカー、ディジー・ガレスピー等で
「ジャズ・アット・マッセイホール」、
デューク・エリントンやスタン・ケントンなどビッグ・バンド出身者やバップが、
よりプログレッシヴや洗練に向かっています。

ブルー・ノートではモンク、パウエル、マイルス、ブレイキー、
シルヴァー、ジミー・スミス、ミルト・ジャクソン、
名だたるジャズの歴史に残るプレイヤーが、
プレ・モダン・ジャズ的な音楽を始めています。
アート・ブレイキーの「バードランドの夜」聞いてますが、
バップでは演じきれない、長いソロ演奏含む録音で、
ジャズはLPレコードの普及に恩恵を受けてよりモダンに洗練されていきます。

マイルスの「ウォーキン」も1954年ですね。
ここにて完全にモダン・ジャズが生まれています。
マイルスのクールなトランペットの響きを、
LPレコードにたっぷり収録した熱き大作です。

ちなみにR&Bはドゥー・ワップやら、
アトランティックのソウル・シンガーが洗練された
黒光りする都会の音楽をやっています。

再びジャズに戻りますが、
こんな感じで眺めてみると、後の歴史的影響も含めて考えると、
マイルス・デイビス「ウォーキン」が最も大きい存在だと言えます。

エルヴィス・プレスリーvsマイルス・デイビスvsレイ・チャールズ。
(レイはR&Bを代表するものとしてその後の影響力を考えると〜
後のアーシーなソウル・ミュージックへの接近も含めて)
1954年はポピュラー音楽界では非常に大きな存在が生まれた年だと思います。

ブルースではマディ・ウォーターズが後のロック・バンドの雛型のような、
マディ・バンドが結成されている年でもあります。

ラテンではペレス・プラードがニューヨークで大活躍していたようです。
1956年エルヴィスを獲得したRCAは、
カリプソのハリー・ベラフォンテも獲得し、大スターに仕立てています。

ちなみに1954年のヒット曲はドリス・デイ、パティ・ペイジ、
フランク・シナトラ、ローズマリー・クルーニー、ペリー・コモなどがいます。
何れも今では「ジャズ」ボーカルと呼ばれるものですが、
当時の「アングラ」なモダン・ジャズとは違います。

ちなみにロックの最初のヒットと言われる、
ビル・ヘイリー&ヒズ・コメッツ「ロック・アラウンド・ザ・ロック」が26位に登場してます。

改めて、マイルスが、当時、最も洗練されていて、クールです。
「アングラ」なヒップ・スターだったと思います。

「ウォーキン」のドラムはケニー・クラーク。
彼は「ミントン・ハウスのチャーリー・クリスチャン」でも叩いており、
モダン・ジャズの礎を作ったクールなオフ・ビートを刻みます。
クラークは過小評価されてる感があります。

ジャズのレコード、CD、福岡、出張買取、店頭買取致します。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ