佐賀からブルース・レコードを福岡の当店で買取。

先日は再び佐賀県のリピーターの方から、福岡市の当店へ、
ブルース・レコードの持ち込み買取がありました。
黒人音楽を白人音楽にミックスしたエルヴィス・プレスリー。
再びハマってる。今回はサン時代。
サン時代で持ってるのは「エルヴィス・サン・セッションズ」。
レコードでは1976年に発売されて、
購入時、現行のCDでは一番最近国内発売されたものでした。

さて、これだけでは物足りない。
YouTubeで改めて「エド・サリヴァン・ショー」の映像や
「ルイジアナ・ヘイライド」の音源聞いてると、
初期、特にサン時代のものがほしくなる。
RCAのオリジナル・アルバムは大体持ってるし、
改めて以前持ってた
「ザ・キング・オブ・ロックンロール コンプリート50’Sマスターズ」を
ディスク5欲しさに買うのはなんか面白くない。

中古で「Sunrise」「A Golden Celebration」
「ルイジアナ・ヘイライド・アーカイヴ・コンピレーション」
この3点を買おうと思ったけど、
「A Golden Celebration」は音源聞く限り、後で良いかと。

そうなると「Sunrise」と「ルイジアナ・ヘイライド」となるが、
「A Boy from Tupelo」を買えば揃う+別テイクも聴ける。
没後40年企画で出て、しっかりしており、音もよく、
「Sunrise」と「ルイジアナ・ヘイライド」
全てが網羅されてると思うので「買い」だが、値段が高い。
今、アップル・ミュージックで聞いてるが(結局買わずとも聴けるのだが)、
音質が素晴らしい。これが完璧か。
しかしながら、最近CD買い過ぎてるし…。
「Memphis Recording Service: The Complete Works 1953-1955」
これはどうなんだろう?
かなり音が良いと評判。値段的にこっちかな。
ただ、エルヴィスにハマってる時以外は、
マスター・テイクだけで良いかとも思うし。

それかRCA初期と「エルヴィス・サン・セッションズ」聞きまくるか。
いろいろと悩ましい。

ただ、ライヴの醍醐味を味わうとすると、
安い「ルイジアナ・ヘイライド」ものを探すという手がある。

ジャズ、ロックのレコード、CD、買取、出張買取、
店頭(持ち込み)、宅配買取致します。
福岡市の中古レコード屋・中古CD屋アッサンブラージュ。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ