福岡県、長崎県からレコードの持ち込み買取。

先週は福岡県内から長崎県までレコードの持ち込み買取が多数ありました。

珍しいSF映画のサントラの帯つきレコード、
リバプール・サウンドの赤盤・帯つきレコード、
あきれたぼういずのSP盤、
細野晴臣や大滝詠一などのはっぴいえんど関連のレコードなど、
掘り出し物がたくさんありました。

ぜひ、今週も持ち込み買取、
また出張買取、CDの買取もお待ちしております。

いつも遠く熊本から来店される常連さんとCDの音質について、
かなり熱心に話しをしました。
「旧規格のマイルス・デイビスのカインド・オブ・ブルーの音が良い」
「XRCDの音が半端ない」など、
私自身、元々聞ければ何でも良いタイプのコレクターだったので、
非常に興味深いお話でした。

そこで、私が気に入っている音質のCDを店で鳴らしてみました。

まずはフィル・スペクターがプロデュースした
アイク&ティナ・ターナーの「リヴァー・ディープ・マウンテン・ハイ」。
音の洪水に圧倒されました。
驚くべき音の深み、大量の弦楽器、
アール・パーマーのソウルフルなドラミング、
それに負けじと対抗するティナの野生、
これがスピーカーの中央に吸い寄せられる様はまさに「全集中の呼吸」。
そこから放たれる一撃は、ロックンロール壱の型「壁の音」!

フィル・スペクターの「壁の呼吸」の使い手には下記がいます。

ビーチ・ボーイズ「トゥデイ」で多用。
ジョン・レノン、最新ベスト「ギミ・サム・トゥルース」は「壁の呼吸」の改良型。
大滝詠一「ア・ロング・ヴァケイション」〜「壁の呼吸」ステレオ・ヴァージョン。

この4枚のCDを聞いて無残にも圧倒され、
私の心は一瞬、鬼となり、聞き終えると同時に燃え尽きてしまいました。

ロック、ジャズ、ソウル、ブルースなどのレコードCD、
福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ