福岡R&B/ソウル/ロックCDレコード買取ます。

ジャニス・ジョプリンの「パール」が気に入ったが、
そういえばカバーしてる
ガーネット・ミムズとかのディープ・ソウルが好きだった。

今日、お客さんがソロモン・バークのCDを買っていかれた。
彼の初期の演奏なんかもカントリー色があったりで、
都会派ディープ・ソウルはサザン・ソウル確立の前だけど、
サザン・ソウルよりカントリー色(田舎ぽさ)があるのは、
レイ・チャールズの影響なのではと思います。
ニューヨークで作られた音楽なんですけどね。

ジェリー・ラゴヴォイやバート・バーンズが手がけた
ディープ・ソウルで有名な歌手では他にハワード・テイトがいます。
実はこの人の曲もジャニス・ジョプリンは「パール」でカバーしています。

ディープ・ソウルはコール&レスポンスのゴスペルが基本にあります。
だから歌声が非常に力強いです。
ジャニスの力強い歌声は彼らを聞き込んでのものだったんでしょう。

もう少しカントリー色が強いソウル・シンガーとしては、
「レイニー・ナイト・イン・ジョージア」で有名なブルック・ベントンがいます。

ブラック・ミュージックとカントリーの融合と言えば、
エルヴィス・プレスリーです。
先に挙げた黒人側のレイ・チャールズと白人のエルヴィス。
共に「アイ・ガット・ア・ウーマン」が代表曲にあります。

これを繋ぐ役目をしたのがジャニス・ジョプリンの「パール」
ではなかったのでしょうか。
あの時代のロックの情熱はソウルの魂を受け継いでいたのです。
ジミ・ヘンドリックスも同様、
非常にパワフルな身を削るロックン・ソウルは
二人の死で1970年代初頭で終わりを遂げました。

エルヴィスもラスベガスでロックとは無縁のエンターテイナーとして、
ロックの歴史では重要視されていないのは、
1960年代末の「オン・ステージ」で燃え尽きたからだと思っています。
その後のエルヴィスの音楽はルーティーン作業だったのでは。
ただロックだけに囚われずに考えないと。
1970年代エルヴィス音楽そのものは素晴らしい。

R&B/ソウル/ロックのCD、レコード買取ます。
福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ