福岡、福岡市、レコード、CD、買取致します。

山下達郎の「愛してるって言えなくたって」を聞いていたら、
なんとなくアル・グリーンの「Let’s Stay Together」を思い浮かべた。

僕がソウルを聴き始めた頃は、
スタジオの音で聴いてたところがあった。
特に好きだったのが「ハイ・レコード」の音。
ドラムの乾いた感じが好きでした。
ハワード・グライムズですね。
これを友人が当時流行っていた「ハウス・ミュージック」に似てると言ってました。
四つ打ちのドラムが鉄壁にキープされていて、
南部でありながらオルガン、ストリングスが奏でられ、
スタックスの音より洗練された感じが好きでした。

これとフィラデルフィア・ソウルの「シグマ・サウンド」。
ここもドラマーが好きででした。
アール・ヤングです。
こちらも後のハウスの大元となるサルソウルの現点となるような四つ打ちで、
ニュージャージーですが、ジェラルド・アルストンのボーカルと、
低音ボイスで語るウイリアム・ラヴェットのマンハッタンズが特に好きでした。
1990年アルストンは現役バリバリだったと思います。
確か福岡のブルーノートに来た覚えがあります。

それからソウルのドラマーと言えば、
ロジャー・ホーキンスですね。
マッスルショールズの名手です。
こちらはタイトでいながら豪快なイメージで、
僕はロッド・スチュワートの「アトランティック・クロッシング」でのプレイが大好きでした。

さらに南部で言えば「アメリカン・サウンド」のジーン・クリスマン。
ダスティ・スプリングフィールドの
「ダスティ・イン・メンフィス」でのプレイが印象的ですが、
やっぱりエルヴィス・プレスリーのバックで、
エルヴィス復活の狼煙を上げたプレイが重要でしょう。

ここからカントリー畑、ナッシュヴィルになりますが、
エルヴィスと言えばライヴでおなじみのロニー・タット、
それから1970年代に活躍したジェリー・キャリガンも印象的です。

しかしながら南部の最高のドラマーとなると、
やっぱりアル・ジャクソンでしょう。

ちなみに山下達郎の「愛してるって言えなくたって」は、
達郎のドラム・プログラミングだそうです。

いよいよ達郎の最高傑作「アルチザン」のリマスターが発売されます。
それより後に出た「SEASON’S GREETINGS」が既ににリマスターされてるのを考えると、
ほぼ一人で作られた30年前のDTMだったので難航したのではと想像します。

ソウル、ブルース、R&B、ジャズ、ロック、シティ・ポップスの
レコード、CD、買取、出張買取、
店頭(持ち込み)、宅配買取致します。
福岡市の中古レコード屋・中古CD屋アッサンブラージュ。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ