福岡市中央区ロックやジャズのCD出張買取。

福岡市中央区のロックやジャズのCDの出張買取に行きました。
約250枚程でしたが、趣味の良いものでした。

私の好きなビーチ・ボーイズやら、
フィル・スペクター・プロデュースのラモーンズなどがありました。

ラモーンズとフィルの相性は抜群だと思います。
「Do You Remember Rock ‘N’ Roll Radio?」は、
フィル最後の大名曲ですが、
この後、セリーヌ・ディオンで再ブレイクする予定だったんですがね。
あれが発売されてたら、あんな事件もなかったかも。

セリーヌの曲は「Is This What I Get For Loving You?」ですが、
オリジナルはロネッツ。1965年発売。
素晴らしい「ウォール・オブ・サウンド」に仕上がっています。

この曲マリアンヌ・フェイスフルも歌っています。
プロデュースはフィルを敬愛するアンドリュー・ルーグ・オールダム。
まあ、やっぱりフィルのヴァージョンが好みです。
ジャック・ニッチェでも参加していれば(多分してないと思う)、
ローリング・ストーンズ流のウォール・オブ・サウンド的なものになってたと思いますが。
「ビッグ・ヒッツ (ハイ・タイド・アンド・グリーン・グラス)」みたいな感じですね。

曲はキャロル・キングとジェリー・ゴフィン。
この頃のキャロル・キングは最もビートルズに影響与えていたと思います。
フィル、ストーンズ、ビートルズ、キャロル・キング、
1965年、ロックの如何わしさとポップスが融合した最も面白い時期です。
ビートルズはいよいよその最たる最終形態「ラバー・ソウル」のセッションを開始します。

ラモーンズは1980年に「Do You Remember Rock ‘N’ Roll Radio?」
「その頃のロックンロールラジオを覚えていますか?」と歌いました。
1965年、彼らがスクール・ボーイだった頃の思い出が詰まった曲だと思います。
奇しくもラモーンズのジョニー・ラモーンと同じく、
モズライトのギターの名手ノーキー・エドワーズ率いるベンチャーズが
日本で大ブレイクしていた年でもあります。

レコード、CD、福岡市中央区、福岡市、福岡県内、
福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ