福岡市中央区でのジャズ・ボーカル買取その2。

先日の福岡市中央区のジャズ・ボーカルや和ジャズの出張買取で、
改めてジャズのレコードを聞いていますが、
ボーカリストでありトランペッターでもあるチェット・ベイカー。

彼は私生活で破綻しただけに、音楽は繊細でデリケート。
代表曲の「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」は、
出だしのウッド・ベースがとにかく印象的です。
カーソン・スミスです。
彼が曲を作っていると言っても過言ではないです。
ネットで調べても全く出てきませんが、
一世一代の名演だと思います。

僕が持ってるCDでは続いて、ストリングス・アレンジを、
かのマーティン・ペイチとジョニー・マンデルが手がけています。
これはベイカーの繊細さを際立てる名アレンジです。
「サムワン・トゥ・ウォッチ・オーバー・ミー」です。
ガーシュインの名曲ですが、絶品のアレンジに仕上げております。

続いての「ムーンライト・ビカムズ・ユー」では、
ベイカーのトランペットが、か細いながらも叙情的な表現力で、
ロング・トーンで聞かせてくれます。

マイルス・デイビスやギル・エヴァンスなど精鋭達が、
かの「クールの誕生」で西海岸ジャズを作り上げたのを、
東のブルーノートを中心とするハード・バップの勢いに負けずに、
救い上げたのがチェット・ベイカーだったのではないでしょうか。

僕が若干18歳のころ購入し、感動したCD「クールの誕生」に収録されていた、
ケニー・ハーグッド歌う「Darn That Dream」。
あれを昇華させたのがチェット・ベイカーということになります。

マイルスの繊細なトランペットのソロととボーカルの絡み、
このような展開を作り上げたのはあのアルバムが最初であり、
専属楽団ではないボーカリストとしてアルバムの役割を担ったハーグッド。

マイルスが「クールの誕生」であ作り上げた世界を、
たった一人で表現しようとしたチェット・ベイカーの身を削るかのごとく、
演奏がこのベスト盤で十分伝わります。

ソウル(魂)が篭ったベイカーの演奏はけっしてお洒落なだけではありません。

ジャケットの写真のように楽しげに月を見上げたいですね。

ジャズのレコード福岡、福岡市、福岡市中央区、
北九州市、久留米市、飯塚市、出張買取、店頭(持ち込み)買取、
大量買取の場合は九州(佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島)、
山口、出張買取致します。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ