福岡市西区の当店でニューオリンズのCD等の買取。

福岡市西区の当店へ渋いロックやソウルのCDの持ち込み買取がありました。
ファッツ・ドミノやニューオリンズ・サウンンドのCDがありました。

ファッツ・ドミノとデイヴ・バーソロミューのコンビを聞いていると、
フィル・スペクターを思い出す。

ニューオリンズのドタドタした音のリズムの洪水と、
ホーン・セクションの渦の中、
ドラムはフィレス・セッションでも活躍したアール・パーマー。
ドミノのボーカルとピアノをこれらの演奏陣がバックアップしながら、
共に重戦車のように突き進む姿は「壁」が迫ってくるようである。

特にスペクターのようにエコーやダビング、多重録音を駆使してるわけでもないが、
ドラムをメインとした分厚い音の「壁」の中から、
トランペットやサックスのソロが飛びててくる様は、
フィルの手法に近い。

バーソロミューはこの音の壁をどのように作ったのか。
管楽器2本、ドラム、ピアノ、とにかくこれを低音で響かせることに、
全てをかけていたのではないでしょうか。
それをギュッと凝縮したスモール・コンポでこれだけ重い濃厚なサウンドを、
モノラルのサウンドに詰め込んでドミノによって爆発させた。

「フィレス」の共同経営者であるレスター・シルが、
フィルと出会う前に、リー・ヘイゼルウッドと共にデュアン・エディで、
ダークな低音を効かせるギター・サウンドを作りあげました、
この不気味な低音=ダーティーなロックのイメージを、
基礎となる黒人音楽のR&Bとブルースを強調させて、
バーソロミューはロックンロールの黒人版として、
ファッツをヒップなスターと仕立てあげたのです。

本来ならヒップな存在であるファッツですが、
その体型と牧歌的なカントリー風味が、
ヒップなロックのサウンドのイメージとは逆であり、
これが非常にバランスがよく、商売となり、
ファッツは国民的歌手としてブレイクしたのでありました。

僕は最近、大滝詠一に凝ってますが、
彼が「ナイアガラ・ムーン」でニューオリンズ・サウンドを手がけた後、
「ア・ロング・ヴァケイション」でフィル・スペクターを試みたのは、
このファッツ・ドミノ(バーソロミュー)とスペクターに
同じ匂いを感じ取ったからではないでしょうか。

レコード、CD、ジャズ、ソウル、ブルース、ロック、
福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ