北九州市の戸畑区でレコードの出張買取。

先日は北九州市の戸畑区でソウル/ファンク、1960年代ロック、
ジャズのレコードの出張買取に参りました。

僕が好きなファンクはジェームス・ブラウンとスライ&ザ・ファミリー・ストーン、
アイズレー・ブラザーズと1960年代から活躍する人になってしまいます。

けっして1970年代から1980年代のファンクが嫌いではないのですが、
印象に残るのは彼らです。

どうしてもジェームス・ブラウンのファンクの原型となる
ブルースやR&Bに惹かれてしまいます。

ジェームス・ブラウンの泣きのバラードにはブルースを感じざるを得ません。
その延長で進化して作られたファンクはブルースの魂がはびこっています。

そのブルースの繰り返すシンプルで尖ったサウンドを、
大御所バンドで現代的な最先端で再生するには、
ホーンをキレキレに仕上げたり、
リズムをディスコティークな人々に合うタイム感に、
ギターを最先端のメタリック感を醸し出す音にしたりと、
凄い工夫がなされてると思います。

結果的にブルースの豪華版がファンクになったのではないかと思います。

これを突き進め、派手にし、強調した結果、
ブルースの大元となった黒人の故郷アフリカの色が濃くなり、
ルーツと最先端が同時に出現する音楽「ファンク」が生まれ、
これが若者の魂に訴えかけ、「ヒップホップ」となり、
現在の音楽として今も息づいています。

ブルースは「シュルレリアリスム」と共通すると言われますが、
(「黒人の奴隷制度崩壊で生じた自由と差別、
相反する二つのものが一つになる時、
生じる緊張と快感を持って生まれたのが
『ブルース』となった」
『黒人ブルースの現代」三井徹 著 要約。)

シュルレリアリスムが現代アートに影響与えるように、
ブルースをよりモダン化したブラウンのファンクは、
今でも若者に人気のあるウォーホルやバスキアなどと同じく、
ファンキーで肉体的な快感と魂、
研ぎ澄まされた緻密な手法(演奏)、
これら相反するものが、聞くものに緊張感(スリル)を与え、
それ故に現代でもサンプリング・ソースやDJネタとして、
ヒップな若者に影響を与え続けているのではないかと思います。

レコード、CD、DVD、ソウル、ファンク、ブルース、ロック、ジャズ、
福岡、福岡市、北九州市、久留米市、飯塚市、出張買取、店頭(持ち込み)買取、
大量買取の場合は九州(佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島)、
山口、出張買取致します。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ