映画「レッキング・クルー〜伝説のミュージシャンたち〜」。

久しぶりにDVDで映画を観ました。
「レッキング・クルー〜伝説のミュージシャンたち〜」です。
特に感動するとか、面白いとかでなく、
当時のミュージシャンの懐古話を淡々と聞く映画でした。

中心を成すギターのトミー・テデスコは名前知ってるだけで、
演奏はよく知らなかったのですが、
ゲイリー・ルイス&ザ・プレイボーイズでの
「Sure Gonna Miss Her」のスパニッシュふうのギターが素晴らしい。
ベンチャーズの「Hawaii Five-O」でのギターも彼だそうです。

しかしながらベンチャーズは、
ビリー・ストレンジなりトミー・テデスコなり、
ノーキーやジェリー・マギーでなく、
色々と弾いてる。
こういうのがビートルズ以降のロック・マニアに
馬鹿にされがちなんだろう。

これが、そのまま1970年代以降の、
「本人達が演奏できたり、作詞作曲できないとロックではない」
このような志向に結びついてきます。

ジャズ畑のバーニー・ケッセルなんかが、
「ロックは仕事だ」と割り切って言うところが面白いです。
誰だか忘れましたがジャズ・ギタリストが、
「ロック・ギター買ってきて、
簡単にロック奏法を覚えて仕事にした」

要するに、この映画のテーマは「プロとは何たるものか?」
プロの技術は凄いことと、お金がいっぱい入ってくること。
しかしながら、時代は経つにつれ、
ハル・ブレインは「1970年代後半には、
大金持ちが一文無しになった」と語ります。

山下達郎がニューヨークにレコーディングに行った1970年代後半、
「好きなドラマーはハル・ブレイン」と言ったら、
プロデューサーのチャーリー・カレロから
「彼は過去のドラマーだ」と言われたらしいですが、
それが、そのままリンクします。

話や意味は違えど、演奏できない状況が、
今のコロナ禍の音楽状況と照らし合わせてしまいます。

深読みすると「ロックとお金と思想」が描かれた映画だと思います。

ロック、ジャズ、ソウルのレコード、CD、DVD、買取、出張買取、
店頭(持ち込み)、宅配買取致します。
福岡市の中古レコード屋・中古CD屋アッサンブラージュ。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ