「ビーチ・ボーイズ」1985年作品。レコードCD福岡買取ます。

「ビーチ・ボーイズ」1985年のセイム・タイトルです。
当時、レンタル屋に行くと、これが一番目立ってた思い出があります。
最新作だったし、まだまだビーチ・ボーイズにニーズがあったころです。

これがなかなか良い作品なんです。
「ゲッチャ・バック」は多少ヒットしたかと思います。
80年代特有の分厚いデジタル音ですが、
これに負けじと分厚いコーラスが対抗します。

全編そのような感じで、
カルチャー・クラブのプロデューサー、
スティーヴ・レヴィンがエレクトロ・ポップで、
ボーイズの良さをうまく活かしています。

やっぱり、カールが頑張っているのでしょうか。
ビーチ・ボーイズを時代の音に合わせていく意気込みが音に現れています。
デニスが亡くなり、ブライアンが不安定の中、孤軍奮闘です。

1970年代から1980年代のビーチ・ボーイズは、
カールのおかげです。

作曲陣もよく考えると豪華でありまして、
ブライアンが4曲、テリー・メルチャーが1曲、
そしてスティーヴィー・ワンダーが1曲、
ボーイ・ジョージまでも1曲、
残りはカール・ウィルソン4曲、
さらにゲイリー・ムーア、リンゴ・スターが参加したりと、
曲それぞれに意味があり、捨て曲がないです。
「アイム・ソー・ロンリー」では、
ブライアンのしわがれ声でのボーカルも聞けます。
個人的にはこの声の全編ブライアンのソロより、
カール、マイク、アルのボーカルが聞けるボーイズの方が好きです。

そして、ブルース・ジョンストンが大体名曲を残します。
このアルバムでも最高のバラード「ラヴ・アゲイン」を手掛けています。

このアルバム、マイクの声があまり聞こえないです。
マイクもメインでもっとボーカル取れば面白かったでしょうが、
カールのソウルフルなボーカルが絶好調ですので、
これはこれで良かったのでしょう。

このCD、正直、手放そうかと思ってましたが、
意外に何度が聞くと良いアルバムでした。

やっぱり、このコーラスがある限り、
ビーチ・ボーイズは全て揃えたいですね。

ロック、ジャズ、ソウル、ブルース、ワールド・ミュージックなど、
レコード、CD、DVD、カセット・テープ、
福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ