ジャズのレコードCD福岡 福岡市 買取致します。

福岡は大雨で、お盆で、コロナで、客足も鈍く、
買取も少なく、暇なのでネタもなし。
「マイ・ジャズ・ベスト・アルバム10」でもあげておく。

1.チャーリー・パーカー「The Complete Dial Masters」
ディジー・ガレスピーとのコンビネーションも最高です。
天才のプレイがたっぷり詰まっています。
パーカーはどの時代も最高です。
スピード感、強烈なアドリブ・プレイはもちろん、
バラードでの美しさ、艶のよさ。

2.ビリー・ホリデイ「Lady Day: Complete on Columbia 1933-1944」
パーカーと並ぶ天才。全盛期であるコロムビア録音。
弾けるような活き活きとした若きボーカルから
円熟したソウルフルな艶かしい歌声。
ベン・ウェブスター、ベニー・グッドマン、
レスター・ヤング、テディ・ウィルソン、ハリー・ジェイムス、
共演者との息の合う絶妙なタイミングの取り方で、
ハッと息をのむような作品が並ぶ。

3.マイルス・デイビス「カインド・オブ・ブルー」
モード奏法に開眼した一枚。
ビル・エヴァンスのピアノのフレーズがいちいち洒落てる。
メタ的にジャズをインテリジェンスにした一枚。

4.ディジー・ガレスピー「ディジー・ガレスピー・アット・ニューポート」
圧倒的な演奏陣が繰りなすハイテンションなジャズ一大絵巻。

5.デューク・エリントン「ブラントン=ウェブスター・バンド(1940-1942)」
魔法のビック・バンドを導く天才ピアニストはいつも凄いが、
ジミー・ブラントン、ベン・ウェブスター期が絶頂期か。

6.ジョン・コルトレーン「ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード」
生気が全て抜き取られるような白熱のプレイが聞けます。

7.セロニアス・モンク「ブリリアント・コーナーズ」
小人数でビック・バンドのようなスケール感を出せる特異なピアニスト。
これが代表作だと思う。
ソニー・ロリンズやマックス・ローチなそ、濃い面子を起用した、
永遠に続くジャングルのような奥深い音のグルーヴ。

8.デューク・エリントン「マネー・ジャングル」
モダン・ジャズ・アルバムでどれか一枚となると、これになる。
エリントン、マックス・ローチ、チャーリー・ミンガス、
3人の空気を切り裂くような音のバトルが展開される。1962年録音。

9.フランク・シナトラ「ナイス・ン・イージー」
ネルソン・リドル・オーケストラとの共演、ここに極まる。
シナトラで一枚あげるならこれでしょう。1960年発売。

10.カウント・ベイシー「黄金時代のカウント・ベイシー」
1937-1938年のデッカ時代の集大成。
後のロックに繋がるようなピアノのキレの良さと、
オール・アメリカン・リズム・セクション、
多種多様な個性溢れるソロリスト。

もちろん、他にもとんでもない数の作品、
好きなジャズ・アルバムがありますが、
飽きが来ない歴史的作品を選んでみました。

ジャズのレコード、CD、ロック、ブルース、R&B、ソウル、日本の音楽、
福岡、福岡市、北九州市、久留米市、飯塚市、出張買取、店頭(持ち込み)買取、
大量買取の場合は九州(佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島)、山口、出張買取致します。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ