視聴コーナーにて。福岡レコードCD買取ます。

当店ではレコードやCDを視聴し放題にしております。
(あまりにも数が多いのはさすがに困りますが)。

さて、昨日来られたお客さんは3ヶ月に一度程来店されてる方。
背が高くて、オシャレなファッション、
エキゾチックな雰囲気を醸し出し、とても個性的。

昨日は視聴されてレコードとCDには非常に面白いものがありました。
私が最近聞いてるサーフィン/ホッドロッドやフィル・スペクターなどの
西海岸ポップスとは全然違うアヴンギャルドな音楽です。

それが時代が新しいとか古いとか、流行ったと、全く知らないとか、関係なく、
ジャケやクレジットなどから、
自分の好みに合うサウンドを探す姿勢がとても面白く、
彼にピッタリの音を探し当てることができるセンスに関心してしまいます。

先ずはビル・ラズウェルのマテリアル。
色々なジャンルのミュージシャンを駆使しして自由な音楽を作る人で、
いつもジャンル分けに困ってしまうグループです。
ロック?ファンク?ジャズ?フュージョン?
昨日はロックのコーナーにあったレコード「メモリー・サーヴィス」です。
ベースをメインにした独特な変拍子グルーヴのインストで、
フュージョン一歩手前のアヴァンギャルドなところがクールです。

その後、私はこのベースをメインとする音楽として、
ジャー・ウォブルのPILを聞きました。
それからアメリカの前衛変則ギタリストであるヘンリー・カイザーも聞きました。
視聴コーナーはこのような前衛を気づかせるきっかけになりました。

それからボブ・ジェームスのピアノは、どう聞いてもミニマル音楽でした。
お客さん曰くシカゴ・ハウス?のDJが使用していたとか。
ボブ・ジェームスが他のフュージョンと違って売れ行きが良いのが分かります。

続いてデューク・エリントンの1968年の「ラテン・アメリカ組曲」。
エリントン晩年はエキゾチックな世界のサウンドを取り入れて、
面白い前衛的なジャズを作りあげています。
そこはエリントン、曲だけでなく、さすがに渋いピアノも聞かせます。

ステレオラブ「ミルキー・ナイト」。
1999年に発売されて話題になったCDですが、
この当時、お洒落過ぎて、避けていたところありますが、
これが流石の傑作です。
20年以上前と言えど、音響系を代表する流石の名盤であります。
プロデューサーはジム・オルークとジョン・マッケンタイアと大物二人。
今、聞いても全然古臭くなく、意外にロック的で新鮮です。

最近、全然聞いていなかったジャンルの音楽を読みもどしてくれたお客様に感謝。
新しいだけが前衛ではないということを教えて頂きました。

そう言いながら、相変わらずサーフィン/ホッドロッドやフィル・スペクターからの流れで、
ママス&パパスをずっと聞いています。

前衛を聞くには体力がいります。
今の気分、精神状態では個人的になかなか聞けません。
早く、聞けるような気持ちになりたいですね。

レコード、CD、ジャズ、ロック、アヴァンギャルド、前衛音楽など、
福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ