福岡市早良区から和モノ等レコード店頭買取。

今日は福岡市早良区からジャズやロック、和モノのレコード買取がありました。

大滝詠一の「ロング・バケイション」40周年、サブスク解禁で盛り上がってますが、
私はジョー・ミークを聞いてます。
このオムニバス16曲しか入ってませんが凄く選曲良いです。

ミークは「イギリスのフィル・スペクター」でありますが、
ジョン・レイトンの「霧の中のジョニー」は、
「さらばシベリア鉄道」のネタで有名です。

さらにマイク・ベリーの「Don’t you think it’s time」は、
おそらく「1969年のドラッグレース」あたりだと思います。
このマイク・ベリーの歌い方が大滝詠一そっくりです。

多羅尾伴内楽団はベンチャーズより、トーネイドーズではないでしょうか。
SEの多様がベンチャーズよりトーネイドーズ寄りであります。

ジョー・ミークのサウンド作りは、
フィル・スペクターほど大掛かりなのものではないのですが、
こもった感じ、エコーの雰囲気は曲者です。
僕が学生の頃観た映画「ポップ・ギア」でも、
彼はプロデュースしたハニーカムズのヘンテコリンなギターの音や、
女性ドラマーや、個性的なボーカルなど含め、
色々変な人だったのでしょうね。

ジョン・レイトンの「Son This Is She」とか、
「ハートじかけのオレンジ」のような曲調に、
「ロンバケ」のようなストリングスや女性コーラス。

ハインツ・アンド・ザ・ワイルド・ボーイズなんて相当変な音です。
これ、リッチー・ブラックモアが参加してるって話も凄い。
絶対リッチーだろうという凶暴なギター・ソロが入ります。

スペクターほど厳密に完璧主義ではないですが、
このヘンテコリンな音のアイデアの洪水、
ジョー・ミークは書籍「モンド・ミュージック」で、
大きく取り上げれたのもよく分かります。

ジョー・ミーク研究やりましょうか。

福岡市早良区、福岡市、北九州市、福岡県内、レコード、CD、
福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ