初期のスペクター。レコードCD福岡買取ます。

自身のデビュー作でもあるテディ・ベアーズの「逢った途端にひとめぼれ」は
サビの部分に入ると、よりバックのコーラスとリードのアネットは一段とギアチェンジして
熱を帯び、ストリングスが入ってきたのごとく厚みを増すように聞こえます。
既にゴールド・スター・スタジオのエコーによる残響音も計算に入れていたので、
二倍増し程このサビの部分は盛り上がります。
「三拍子が繰り替えされるところに、
突然マイナー・コードーナインスのコードが登場する(「フィル・スペクター蘇る伝説」より)」
このようなマジックを作り出すことに関して天才です。
このマジックをより強固にする武器として、
ストリングスや多様な楽器群とスタジオのエコー効果を見つけました。

フィル・スペクターはその後、アトランティック・レコードで、
リーバー=ストラーの元で働いてました。
ストリングスと多様な楽器群を入れるのはここで学んだものです。
スペクターが作曲したものもあります。
ベン・E・キングの「スパニッシュ・ハーレム」です。

これが完成したのはジーン・ピットニーの「エヴリー・ブレス・アイ・テイク」です。
ニューヨークでエコーが抜群にかかる「ミラ・サウンド」を見つけたスペクターは、
ここでニューヨーク修行成果のストリングスと多種多様な楽器群とエコーという3大要素が合わさって、
後の「ウォール・オブ・サウンド」の原点となる音に仕上げます。
「フィル・スペクター蘇る伝説」ではこの曲はベル・サウンドで録音されたとなってますが、
そこにはリーバー=ストラー、曲を作ったゴフィン=キング、バカラック、マン=ウェイル
ドン・カーシュナー、アーロン・シュローダーと錚々たる面子が揃う中で長時間かけて作られたと。
まさに「フィレス・レコード」誕生する直前の歴史に残る1961年の録音です。
このニューヨークの「ミラ・サウンド」で「フィレス」第一号の
クリスタルズによる「ゼアズ・ノー・アザー・ライク・マイ・ベイビー」が録音されます。

「逢った途端にひとめぼれ」「エヴリー・ブレス・アイ・テイク」、
スペクター・マジック、ウォール・オブ・サウンドの原点がこの2曲にあります。

ジャズ、ロック、ソウル、ブルースのレコード、CD、
出張買取、店頭(持ち込み)、宅配買取致します。
福岡市の中古レコード屋・中古CD屋アッサンブラージュ。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ