福岡市の当店店舗でジャズとロックのレコード持ち込み買取。

昨日は福岡市の当店店舗でジャズとロックのレコード持ち込み買取でした。
小ネタを二つ。

「レココレ」はロックンロール特集でした。
立ち読みで買ってはいませんが、いずれ購入予定です。
エルヴィス・プレスリーやらチャック・ベリーなどの、
ピュアロカ、R&Bを除いて
「ロックンロール」の初期衝動を駆り立てるロックを考えてみると、
高校時代に聞いたディープ・パープルの
「スピード・キング」と「ハイウェイ・スター」でしょうか。
「ファイア・ボール」も良いですね。
息もつかせず一直線に突っ走る第二期パープルはストレス発散に最高です。

日本人ではジュリーこと沢田研二ですかね。
元祖ロックンローラー、内田裕也の弟子であり、
歌謡ロックを大ヒットさせてたころのジュリーは、
これまたカラオケでのストレス発散の十八番です。

僕にとって1960年代後半の「ロック」以降の、
「ロックンロール」はストレス発散のカタルシスであり、
それがパンクではなく、ハード・ロックや歌謡ロックにありました。
パンクはヒネってるので、純粋に馬鹿になれないですからね。
そのヒネクレ感もまた面白いですけど。

夏はルー・アドラーですね(なんのこっちゃ)。
店でママス&パパス聞いてると、
空気感が「サマー・オヴ・ラヴ」なんですよ。
それからアソシエイションも聞いてましたが、
この二組どちらもルー・アドラーのプロデュースです。

さて、このアドラー、その後、
「1967モンタレー・ポップ・フェスティヴァル」を開催します。
秘蔵っ子のママス&パパス、アソシエイションも参加して、
さらにジャニス・ジョプリン、ジェファーソン・エアプレイン、
ジミ・ヘンドリックスとニュー・ロックの礎を作ったコンサートです。
時代の最先端を行く男ルー・アドラー。
50年以上前の話ですが…。
でも空気感は「コロナ禍」の閉塞感を打ち破りたい今にピッタリなんです。
2020年の夏は永遠に忘れることができない夏になってしまいました。
2021年の夏は平穏無事な平和な世界で迎えられますように…。

ジャズ、ロック、ソウル、ブルースのレコード、CD、
出張買取、店頭(持ち込み)、宅配買取致します。
福岡市の中古レコード屋・中古CD屋アッサンブラージュ。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ