福岡市東区ジャズ ロック レコード出張買取。ジャズの伴奏ギター。

先週に続き、福岡市東区へジャズとロックのレコードの出張買取と、
同じ福岡市東区からハード・ロックのレコードの
店頭での持ち込み買取がありました。

東区は生まれ故郷ですので、懐かしいです。
店舗は西区にあるのですが、
真逆の東区から買取があるのは嬉しいです。

下道通ると1時間ぐらいかかりますので、
のんびり1時間前に出発しましたが、
約束の時間、9時だと思ったら10時でしたので、
さらにのんびりできることに気づきました。

ゆっくりする時間なんて、
自営業で店舗もネットも併用してる私には、
なかなかないです。
そんな時カーオーディオから流れてきたのがナット・キング・コール・トリオ。

昨日来店されたお客さんがナット・キング・コール・トリオやら、
ミルス・ブラザーズなど、
戦前ジャズ・コーラスの話をされてたので、
丁度良いタイミングでした。

バタバタしてる時にこのような落ち着きのある小洒落た音楽は、
なかなか聞かないのですが、
やはり、バックで流れるギターのフレーズなんかをじっくり聞くと、
とても面白いです。

ミルス・ブラザーズ初期は長男のジョン・ミルス・ジュニアが
ギターを弾いてたたらしく、
とろけるようなアコースティックギターの響きが、
コーラスをさらに甘く聞かせます。
長男は早く亡くなってしまいますが、
その後のギターはノーマン・ブラウンという
元カウント・ベイシー楽団のギタリストだったとか。

ベイシーのギタリストといえばフレディ・グリーンですが
このジョン・ミルス・ジュニアのギターも、
抜群のタイム間でリズムを刻むのが得意です。

ナット・キング・コール・トリオのギターは有名なオスカー・ムーアですね。
キング・コールのピアノはトリオ時代、
後年の甘い感じで歌うイメージとは違って、
鍵盤をかなり強く叩きます。
これに負けじとムーアもギターを大きな音で奏でます。
これにベースやコールの歌とコーラスを加えたコンビネーションが完成せれ、
見事なアンサンブルを聴かせます。

あと、お客さんとの話に出たキャッツ・アンド・ザ・フィドル。
ここに在籍したのがタイニー・グライムスです。

ジャズ、ジャイヴ、ジャンプ、ビッグ・バンド、
初期のロックンロールなどのギターやピアノなど研究したいのですが、
このようなサウンドを気持ち良く聞けるのは余裕がある時です。

コロナ後の今日、気持ちに余裕がなく、
代わりに、ある意味この時代の黒人音楽を実は引き継いでるのではないかと思うぐらい、
幅広い音楽性を持つレッド・ツェッペリンを爆音でかけてます。
ボンゾのドラムの音を聴くと、
キング・コールがピアノを力強く弾く音に聴こえませんか?

ジャズ、ロック、ソウル、ブルースのレコード、CD、
出張買取、店頭(持ち込み)、宅配買取致します。
福岡市の中古レコード屋・中古CD屋アッサンブラージュ。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ