ベックの初期4作品について。ロックのレコード福岡で買取ます。

店舗を再開して2日目です。
常連さんをはじめ、
「レコード・プレーヤーを買って、
この店が開くのを待っていた」
という新規のお客さんまで、
多くの方が来て頂き、とても嬉しかったです。
ただ、当店、店内いっぱいにレコードやCD置いてまして、
人が通れるのもやっとですので、
密にならないよう、人数制限かけております。
何卒、ご了承くださいませ。

最近、ナッシュビルの1950年代のオールディーズ、
コニー・フランシス、パッツィー・クライン、
ブレンダ・リー、エルヴィス・プレスリー、
ロイ・オービソンなど聞いていたのですが、
ふと手に取ったベックのインディ時代のCD
「One Foot in the Grave」を聞いたのですが、
これカントリー色がかなり強い。
さらにロックが内包するブルース感覚と、
インディ特有のアシッドで退廃的な雰囲気は、
1950年代から1960年代のナッシュビルからメンフィスの香りがする。

ベックの「Odelay」はサンプリング時代の
ポップでキャッチーな名盤として、大好きだったのですが、
他のイギリスのグループなどと違い、
今も聞けるのはルーツ音楽が根っこにあるから。

かつて中村とうよう氏が、
「ローリング・ストーンズが今でも聞けるのは、
ブルースだからである」と書いていたが、
ベックも同様、特に初期の4枚、
「Mellow Gold」「One Foot in the Grave」
「Odelay」「Mutations」
これらはカリフォルニア生まれの
ベックの内包するカントリー、トラッド感覚と、
黒人音楽の最先端にあるヒップホップと、
フルクサスのメンバーであるアル・ハンセンの元で育った実験性、
これらが融合された根っこの太さから生まれた、
ルーツありきの強い音楽。
だからこそ、今聞いても色褪せない。

21世紀になってから、殆ど聞いていないが、
今日から、その後のアルバムも含め聞いていこうかと思う。

1990年代ロックのレコードの買取大歓迎です。

ロック、ブルース、ソウル、ジャズ、
ワールド・ミュージックなどのルーツ音楽のレコードやCD、
福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ