糸島市から竹内まりや等、和モノ・レコード店頭買取。


糸島市から竹内まりや等、和モノ・レコード店頭買取がありました。
「プラスティック・ラヴ」人気相変わらず高いですが、
フリー・ソウル風味で、僕が好きなのは「SWEETEST MUSIC」。
「VIVA MARIYA!!」なるLPレコードで聞いた。
ジーン・ペイジのアレンジかと思ったら、
デヴィッド・フォスターだった。

ジーン・ペイジは他の曲で参加していて、
確か安レコードでバーブラ・ストライサンドの「ストーニー・エンド」なんかと一緒に買った。
「ストーニー・エンド」はジーン・ペイジの編曲で、
これと、まりやのアルバムと山下達郎の「スペイシー」を、
ほぼ無料みたいでな感じで買った覚えがある。

今や、バーブラを除くと1万円以上の値がつく。

竹内まりやは紅白決定しましたね。
「SONGS(NHKの番組)」出てたので、可能性は高いと思ってました。
弾き語りか、山下達郎バンド従えてでしょうけど、
達郎の演奏をTVで見るの「クワイエット・ライフ」か「アルチザン」だったか、
「日本レコード大賞で歌ってたって」友人が言ってたが、
今、映像あったので、見たら「さよなら夏の日」のスタジオ・ライヴ?でした。
でも、本人があれだけ出てた映像があったとは知らなかった。

さて、最近は山下達郎ではなく、
師匠格の大滝詠一にハマってます。
それも「はっぴいえんど」のころの(特に「ゆでめん」ばかり聞いてる)。
好きなのはソロも含めて、

「12月の雨の日」
「春よ来い」
「かくれんぼ」
「指切り」

最近はヘッドフォンで聴くことが多いのですが、
「春よ来い」は左右のスピーかーで鈴木茂のギターが違うソロを同時に演奏してるし、
大滝のボーカルも頻繁に録音で声を二重に重ねたりと、
かなり凝った音になっていたのは知らなかった。

フィル・スペクター然り大滝詠一然り、
録音に凝りまくったポップスは面白い。
今後は大滝のナイアガラ初期をヘッドフォンで聴く予定。

最近、買取が少ないので、音楽聞いて研究ばかりしています。
そんな中で文献も多く、研究しがいのある大滝詠一。
本を三冊をほど枕元に置いて、ヘッドフォンで大滝詠一やスペクター聞いています。

レコード、CD、音楽の古本、音楽雑誌、ファンクラブ会報など、
福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ