福岡市博多区佐賀レコード買取。ペットサウンズ考。

佐賀県のリピーターさんから、
ソウル、ドゥーワップ、ブルース、ジャズなどのレコード持ち込み買取、
福岡市博多区から日本のロックやパンクのレコード買取がありました。

私事ながら13年間毎日一緒に生活して、ご飯食べて、
毎朝僕の仕事が午前中終わるまで2時間玄関で散歩のために待っていて、
毎晩僕に二階で一緒に寝ようと甘えてきて、二人でベットで寝て、
時には二人で庭の縁側でお酒を飲んで、
家族皆んなで旅行して、温泉行って、
アジリティを二人で練習して、餌キャッチで遊んで、一緒に犬の運動会で好成績を出して喜んで、
人がいない空き地で二人で追いかけっこして、
365日常に一緒に居た、我が家の愛犬ジャックがお空に飛び立ってしまいました。

居て当たり前、そんなジャックがいない今朝、
「散歩に行くよ」と起こしに来ないし、階段を降ろしてとせがむこともない。
そんな当然の日常が突然全て無くなってしまいました。

ジャックの好きなミッキーのクッションはどうしたらよいものか、
僕にかけられるのを大喜びして、毎日のように潜っていた首輪はどうすればいのか?

僕の一番好きなレコードはビーチ・ボーイズの「ペット・サウンズ」です。
「ペット・サウンズ」でブライアンがラストで歌った「キャロライン・ノー」。
愛するガール・フレンドに対し、
「どうして君はあの長い髪を切ってしまったの?」と終焉を示唆します。

こういう訳詞もネットにありました。
「悲しすぎて
逃げ出して泣いてしまいたい
愛らしかったものが死んでしまった
そんな姿を見るのは辛すぎる
キャロライン、どうして?」

「キャロライン・ノー」は犬の遠吠えで終わります。
そして、ブライアンは「犬の遠吠え」に「喪失」「悲痛」「孤独」を
感じ取ったのです。

「ペット・サウンズ」のタイトルの由縁は
マイク・ラブが「ペットにでも聞かせる気なのか?」。
これが通説ですが、
珍妙なタイトルは名盤として扱われるに連れ、
ふさわしく立派なタイトルに聞こえてくるし、
解釈も人それぞれに考えて読み取ってもいいはずです。
私にとっての今の「ペット・サウンズ」への心境は、
ペットとしての動物の「儚さ」。
ジャケットのヤギも意味あり気に解釈しています。

ロック、ソウル、ドゥーワップ、ブルース、ジャズなどのレコード持ち込み買取
福岡、佐賀県、福岡市博多区、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ