クリスタルズ作品評。福岡レコードCD買取ます。

クリスタルズの「オン・ブロードウェイ」のサックス・ソロ。
スティーヴ・ダグラスだろうか?すごく変。
これなんで採用されたのだろかという感じ。
でも病みつきになる。
スペクターはその音の壁の手法だけが特化されてるが、
ダーレン・ラヴによると音のミスもそのまま「こちらの方が良い」と、
リリースされている。
ジーン・ピットニー作曲の「ヒーズ・ア・レベル」も、
「ほとんどデモに近い」そうです。

スペクターが気に入ったが歌詞の問題で黙視された
「ヒー・ヒット・ミー」。
これでの出だしの不気味なベースとトライアングル?
ガール・グループの楽曲らしくない不気味な音の始まりである。
その後、音が加えられ、どんどん厚みが増してきて、
初期「ウォール・オブ・サウンド」の雛形となっている。
しかしながら、この曲の暗いこと。
スペクターの闇の部分がクローズアップされている。
これじゃ銭にならないと、その後、
ピットニー作の快活な「ヒーズ・ア・レベル」で大ヒットを飛ばしている。

「アップタウン」はスパニッシュ的なギターがセンス良し。
これとカスタネット。これ、フラメンコなんですね。
カスタネット多用し始めたのは、
情熱的な陽気と悲劇が共在する、
このスパニッシュ的なものを曲に加えることで、
刺激的な香辛料のようなものを手に入れたのだと確信したのかも。

スパニッシュ風味や「ヒー・ヒット・ミー」のアングラ感、
これらのスペクターのエグみの裏には、
彼のパートナーであるレスター・シルの前パートナーである、
リー・ヘイゼルウッドの影響があるのかも。
ジャック・ニッチェを雇い、ビリー・ストレンジと共に、
のちにナンシー・シナトラのお色気歌謡を手がけたヘイゼルウッド。
ジャック・ニッチェ、ビリー・ストレンジ、
「フィレス」の中核を成す彼らが手がけた(ニッチェは関わってない?)
デュアン・エディからはスペクターの音が聞こえます。
昨日、購入したデュアン・エディを今日は聞きます。

ジャズ、ロック、ソウル、ブルースのレコード、CD、
出張買取、店頭(持ち込み)、宅配買取致します。
福岡市の中古レコード屋・中古CD屋アッサンブラージュ。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ