福岡市博多区へシティポップ等レコード出張買取。

先日、福岡市博多区へシティ・ポップなどの
日本のレコードの出張買取に行きました。

松原みきの「真夜中のドア」がYouTube発で海外で大ヒット中とか。
当時「ベストテン・オタク」の小学生だった私ですが、
この曲は調べるとオリコン25位前後だったので、
テレビやラジオのベストテン番組で聞くことはなかったです。
今、聞くと良い歌ですね。
でも、こんなシティ・ポップが流行ってる中、
ベストテンに入っていたのは、
渥美二郎の「夢追い酒」、小林幸子「おもいで酒」、
敏いとうとハッピー&ブルー「よせばいいのに」、
五木ひろしの「幸せさがして」「おまえとふたり」とか。
演歌、最後の時代、それとシティ・ポップ。
1979-1980年の私のリアル・タイム体験では、
五木ひろしがトップの時代だったと思います。
確か「ザ・ベストテン」で「年間ベストテン第1位」を取った時、
久米宏が前口上で「息子さんが友達に『お前のお父さんは1位でない』と言われたけど、
年間ベストテンでは1位を取りました」と紹介してたような思い出があります。

ラジオで好きだったのは「コーセー化粧品 歌謡ベストテン」。
必ずコーセーの洒落たシティ・ポップに乗せたCMで始まります。
それでバカラックのようなメロディのテーマに、
軽快な宮川泰とアシスタントのMCが被ります。
これもYouTubeにあがってますが、土曜の昼間にピッタリです。
印象的なのは1980年の渡辺真知子の「唇よ、熱く君を語れ」がカネボウのCMソングで、
竹内まりやの「不思議なピーチパイ」が資生堂のCMソングで、
同時にベストテンに入ってきて、
宮川泰が「化粧品対決ですね」みたいなこと言ってたような(曖昧)。

YouTubeに渡辺真知子「迷い道」のテレビ番組映像が上がってましたが、
シンガーソングライターなんだけど歌謡曲的な雰囲気が逆に新鮮です。
今、聞いたらポルトガルのファドのような曲ですね。
久保田早紀とか、ちょっと異国情緒が流行ったり、
杉山登志、山口小夜子の資生堂CMとか、
ディスカバー・ジャパンとか、
改めて、ああいう世界が好きだったんだなぁと。
伝説のCMディレクターの杉山登志は大好きでDVDや本も持っています。

今、YouTubeで「夏!CM集」が流れてますが、どれも良いですね。懐かしいです。

矢沢永吉「時間よ止まれ」
ツイスト「燃えろいい女」
山下達郎「愛を描いて –LET’S KISS THE SUN-」

ちなみに僕の山下達郎・初体験はANAのCM「高気圧ガール」でした。

歌謡曲や演歌は基本買取しておりませんが、
シティ・ポップのレコードやCDは買取しております。

ジャズ、ロック、ソウル、ブルースのレコード、CD、
出張買取、店頭(持ち込み)、宅配買取致します。
福岡市の中古レコード屋・中古CD屋アッサンブラージュ。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ