福岡市西区の当店でジャズのCDの持ち込み買取。

昨日は福岡市西区の当店でジャズのCDを100枚ほど買取致しました。

当店、定休日は金曜日です。
午前中はメールなど通販の仕事をしていますが、
午後からは週一の完全休養日となります。
本当なら前夜、お酒を飲みに行くのですが、
コロナ後、どうしても控えるようになりました。
金曜当日は、友人たちはもちろん仕事なので、一人で行動することになりまして、
結局、天神や博多に行くのが面倒になって、
一人で音楽聞きながら、アマゾンなどでCDを注文することになります。

先日はペリー・コモの1950年代以降の全盛期を買おうと思ったのですが、
(この人は晩年になるほど歌が上手くなっていると思う)
他にコモ以外、1950年代のアメリカの有名歌手で誰がいるかと考えたら、
ポール・アンカを思い浮かべました(アンカの出身はカナダですが)。
エルヴィス・プレスリーやレイ・チャールズ、
アトランティックのR&Bやチェスのブルースなど黒人音楽寄りに行きがちだったのですが、
ポピュラーで男性歌手となるとニール・セダカやパット・ブーンなどいますが、
「ダイアナ」の華やかさにはかないません。
それでアンカを注文しようと思った時、彼の楽曲の「マイ・ウェイ」を思い出し、
抜け落ちていた王道、フランク・シナトラを改めて思い出して聞いてみました。
力強さを保ちながらもコントロールできるボーカル・テクニック、
ネルソン・リドルのゴージャスなバックと相まって、
1950年代のキャピトル時代こそシナトラの最盛期だと確信し、
なんとアルバム16枚収録10枚組なるCDを廉価で購入するに至りました。

これで、フランク・シナトラ、ペリー・コモ、ポール・アンカと、
アメリカの保守層が安心して聴ける王道ポップスを堪能できると喜んでいましたが、
夕方、行きつけの美容室に行くと、
美容師のお姉さんから「1950年代の日本の歌手って誰ですか?」と聞かれました。
とっさに「三橋美智也とか…」。
もちろんお姉さんは「?」ですが、私も三橋美智也が凄いと聞くが真剣に聞いたことない。
それで「古城」を聞くことに。
なんというボーカル・テクニックと美しい晴れ晴れとした天にも登るような美声、
「古城」という日本の誇る建築芸術を堂々と歌い上げる姿に惚れ惚れしました。
それから「おさらば東京」「夕焼けとんび」と立て続けに聞くと、
当時最高クラスの実力であろうキングオーケストラの伴奏の素晴らしさと編曲に驚愕。
日本で未だにレコード売り上げナンバーワンの歌手だけに、
お金をかけて完璧なプロダクションで作り上げただろう楽曲に感服です。

それで、最初は再録音のお手軽2枚組を頼んで、気楽に美声を味わおうと思ってたのですが、
これは真剣にキングオーケストラのオリジナル盤で聞かなくては駄目だと、
完全に洋楽音楽研究モード(例えばエルヴィスやビーチ・ボーイズ)に入ってきまして、
計4枚のCDを買うことになりました。

最近は聞きたい音楽が減ってきたと思っていましたが、
一日中、暇を見つけて、研究すると、シナトラと三橋美智也なる巨人二人の偉大さに気づき、
まだまだ修行が足りないことを実感しました。

ジャズ、ロック、ソウル、ブルースのレコード、CD、
出張買取、店頭(持ち込み)、宅配買取致します。
福岡市の中古レコード屋・中古CD屋アッサンブラージュ。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ