3大ギタリスト、ハード・ロック等、福岡、レコード、CD買取ます。

昨日はお客さんとレッド ツェッペリンの「永遠の詩(狂熱のライヴ)」の
CDリマスターとリマスター前の聞き比べをしました。

リマスター前は映画「永遠の詩(狂熱のライヴ)」あっての
「レッド・ツェッペリンのライヴとはこういうものですよ」的な
パッケージングされたサントラ的なサウンドであり、
リマスター盤は純粋に音楽として、ジミー・ペイジのギターを味わい、
ロバート・プラントのボーカルを楽しむものだと解釈しました。
個人的にはもちろんリマスター盤ですね。

しかしながらジミー・ペイジのギターは渋いですね。
彼がリフの天才と言われる所以がこのアルバムからひしひしと伝わってきます。
たまたま、その前に聞いていたナット・キング・コール・トリオの
オスカー・ムーアが、ペイジと同じぐらい渋いと、
お客さんとジャンルを超えたギター談義をしてました。
ペイジのギターがプラントのボーカルの隙間をを縫って美しく奏でる時、
ジム・ホールやジャンゴ・ラインハルトと同様のものを感じます。

プラントの存在感溢れる堂々としたボーカル、
ボンゾとジョーンズの鉄壁のリズム隊、
4人で奏でるロックの究極型ですね。
50年以上経ってもこれを超えるバンドが出てこないのが凄い。

ツェッペリンはロックンロールであり、ブルースであり、
ファンクであり、ワールド・ミュージックであり、ジャズでもある。
ルーツあってのハード・ロックは並大抵では揺るぎない、
永遠に耐えうる恒久的なものであります。

ブルースにハマってますが、リフをビシビシと決める感じなのが、
フレディ・キングです。
エリック・クラプトンのブルース・ブレイカーズ時代は、
殆どフレディの完コピに近いものがあります。

流れでクリームも聞いたのですが、
クラプトンの完成はやはり「ブラインド・フェイス」あたりでしょうか。

ジェフ・ベックはバンドとしては物足りない気がします。
ソロで作り上げた「ワイアード」がギターの天才として究極形態でしょうが、
彼の色々な側面が聞ける、CD出始めの頃に発売された
「STAR BOX」なる日本編集のベストがお気に入りです。

3大ギタリスト、ハード・ロック、
ジャズ、ロック、ソウル、ブルースのレコード、CD、
福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ