コルトレーンとマイルス。ジャズのレコードCD福岡買取ます。

ジョン・コルトレーンやマイルス・デイビスのCDが入荷してます。

コルトレーンは「クル・セ・ママ」「クレッセント」を聞いています。

マイルス・デイビスは「パンゲア」「アガルタ」聞いてます。
あの「ピー!」って音何ですかね?
調べたところピート・コージーの音のようです。
ピートはギターですが、
シンセ関連もこのライヴでは弾いてるようです。

フリーとかエレクトロとかジャズでも、
アヴァンギャルドもの聞いてますが、
マイルス、コルトレーン、この偉大が二人がバンマスにいてこそ、
これらのアルバムが面白く感じられますし、
他のアルバムの演奏より、
これらのアルバムの演奏が良いのです。
ジャズの一発録りは出来不出来ありますので、
まさにスリル満点。
このスリルこそがジャズの醍醐味でしょう。
だから「猪木のプロレス」なんかと比較されることが多かったと思います。

カリスマが演じる「一寸先はハプニング」、
マイルス、コルトレーン共に前衛に走るところも、
「猪木プロレス」と共通するものを感じます。

村松友視が「ダーティ・ヒロイズム宣言」で、
山下洋輔のフリー・ジャズと比較してましたね。

今、読んでも面白い。
村松友視「プロレス3部作」。

最近ハマってる菊池成孔が格闘技本を出した時、
「村松友視以来のプロレス村以外の論客」と言われてましたね。
彼もまた山下洋輔の弟子ですし。

菊池成孔はリングスのファンだということで、
リングスがよく言われる所の「ガチしか出来ない外国人格闘家のプロレス」ならば、
猪木の場合は「プロレスがガチになることもある」、
これは矢印の出発点が真逆ながら、ゴールは同じで中央点でかち合う。

従来のアコースティックなジャズがフリーになったコルトレーン、
エレクトリックな楽器に持ち替えたマイルス、
結局、生まれたものは同様「カオス」となり、
共にジャズの最終体系と到達した。

猪木と前田、マイルスとコルトレーン、
やってることは違うが「同じ穴の狢」である。

ジャズのレコード、CD、福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、
日本全国、宅配買取致します。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ