ハード・ロックのレコードの店頭買取とフィル・スペクター。

昨日は熱狂的なホワイトスネイクのファンの方から(&ジョン・サイクス)
「サーペンス・アルバス」10種近く違うヴァージョンのレコードを買取しました。
これだけ購入されるとデイヴィッド・カヴァデールも冥利に尽きるかと思います。
ホワイトスネイクの来日公演、例のコロコロの件で中止となりました。残念。

さて、私は、夜中の2時に目覚めてしまい、
読み残していた「フィル・スペクター 甦る伝説」を読み始めました。
本当にスペクターという人は凝り性で、
自分の納得するまで音を聞きまくるだけ、聞いて、聞いて、聞きまくり、
そして独自にエコーから、ミックスから、多重録音から、
モノラル録音への執着、演奏者、エンジニアの選択など、
ルールに従わず、独断で自分の耳だけを信じて作り上げたんですね。

最近でもよく「ウォール・オブ・サウンド」を再現した音などありますが、
あの時代のスペクターでしか再現できない、
「ワン・アンド・オンリー」の独裁者の音であります。
だからこそ、惹きつけて止まないのです。

それでいて、ロックンロールの肝となる、
ドラムのハル・ブレインに全信頼で自由に叩かせたことで、
真のロックンロール・オーケストラになっているのです。

一番、印象的だったのは、フィルが全てをかけた
「リバー・ディープ・マウンテン・ハイ」の録音で
「真っ暗闇の中で汗だくになったティナ・ターナーはブラジャー一枚になり、
深く息をついて歌い始めた」のとこ。

ここまで追い込んで追い込んで作り上げたものが、
アメリカでヒットしなかったことで、
凄まじい精神的ダメージを負ってしまい、
音楽界から一線を引いてしまうほど鬱になったと。
ここまで自分や他人を追い込んで音を作り上げるフィルの
人間性は破綻しているに等しいが、
こんな凄いものを残して頂けるなんて尊敬します。

あと、フィル・スペクターはヘッドフォンで聴くのが最高です。
モノラルに拘る意味が分かります。
密封されたヘッドフォンはフィルのスタジオで聞いていた音に近いと思います。
この音の塊で、幾多のR&Bの歌手の爆発力と対等になり、
それを融合させ、科学反応を起こした奇跡の音を、
フィルは作りたかったのだと思います。

ジャズ、ロックのレコード、CD、買取、出張買取、店頭(持ち込み)買取致します。
福岡市の中古レコード屋・中古CD屋アッサンブラージュ。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ