1960~70年代のロック レコード CD福岡買取致します。


適当に流して聞いていてたら、ハッとしてときめく。
そういう出会いが理想の音楽鑑賞の形だと思う。

出会ったのはステッペンウルフとかニルソンとか。
ロック音楽の歴史の中で、微妙なところ。

特に売れるレコードでもなく、普段ならターンテープに乗せることないが、
たまたま手元にあったので、何気に聞いてハマる。

ステッペンウルフはヴァニラ・ファッジの流れですね。
アート・ロック寄りのヴァニラ・ファッジを
ハード・ロックにした感じ。
ただこのバンド、ハード・ロックにしてはギター・ソロがない。
またキーボードがけっこう活躍する。
ハード・ロック・ファンには中途半端に聞こえるのでは。
土臭い音もやるし、カナダのグループなので、
プログレ・ファンにも訴えかけない。
ジム・モリスンのようなカリスマ性もない。
そして、なんといっても「ワイルドでいこう」の一発屋のイメージが強すぎる。
イマイチ人気がないのも分かる。

続いてニルソン。
ジョン・レノンとポール・マッカートニーを足して二で割ったような、
ソングライティングと歌声。
ジョン・レノンとの親交もあり、
第5のビートルズ・メンバーとも言えるほど。
メランコリーであり、力強い、歌声と曲作りの天才肌。
ただ、その才人ぶりが、
シンガーソングライターにダウナーな雰囲気を望む
日本人に人気が無いところか。

もちろん、二組ともベスト盤が何度も出るほど人気なんですが。
特にニルソンはマライア・キャリーが「ウィズ・アウト・ユー」をカバーして、
凄く売れました。
その分、ベスト盤の中古CDが溢れまくっています。

「ゴースト」の主題歌を歌ったライチャス・ブラザーズも一緒です。
彼らもフィル・スペクターのゴージャスなサウンドや、
サム&デイヴ、ドン&デューイ真っ青なR&Bサウンド聞かせて、
どちらも最高なんですけど。
こちらは楽器演奏もしないし、オールディーズ然とした見た目の問題ですかね。

1960、1970年代のロックのレコード、CD、買取致します。
福岡市の中古レコード屋・中古CD屋アッサンブラージュ。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ