福岡市城南区のレコードやCDの出張買取は洒落た内容でした。

今回、福岡市城南区のレコードやCDの出張買取は洒落た内容でした。
細野晴臣、ヴァンダイク・パークス、ブライアン・ウィルソン、
サン・ラー、星野源、ビッグ・ジェイ・マクニーリー、
ハウンド・ドッグ・テイラー、遠藤賢司やら、
お気に入りのミュージシャンがいっぱいでした。

ビッグ・ジェイ・マクニーリー。
こういう人たちはジャンプ/ジャイヴ/ホンカーといったところか。
最近はこの手がお気に入りで、
シル・オースティン(この人はムード音楽として日本での録音も多い)、
イリノイ・ジャケー。

コールマン・ホーキンスも豪快なブロウはこの一派に入るかも。
ディジー・ガレスピーも広範囲でここの部類か。
下手したらクールなレスター・ヤングも
今、聴いてたサラ・ヴォーンとやったライヴはホンカーぽい。

話は脱線するが、このタウン・ホールの1947年のアルバム、
ピアノが二人とも良い。
特に良いのがサミー・ベンスキンなる人。
もう一人はリーダーも多いサディク・ハキム。
チャーリー・パーカーとやってる。
ギターも良い。
「Freddie lacey」なる名前があるが、
検索しても出てこない。
ドラムはロイ・ヘインズ。
ブルーノートから出てるこの
「ザ・タウンホール・コンサート1997
サラ・ヴォーン、レスター・ヤング」
見つけたら買いですよ。

この辺りのジャズとなるとデクスター・ゴードンのサヴォイ録音も面白いです。
「デクスター・ライズ・アゲイン」。
ピアノにはサディク・ハキムも参加。
これは1945年録音。
大らかなデクスターのサックスは聞きものです。
1946年録音のピアノはバド・パウエルです。

話は戻って、ここ辺りはブルースにも通じていく。
これをギターに置き換えたとしたら、
タイニー・グライムス、
それからグライムスが在籍したキャッツ・アンド・フィドルも良い。

そして、これらを凌駕していたのがチャーリー・パーカーである。

さらに突き止めると、
ジャズだとルイ・アームストロングや
カウント・ベイシー、デューク・エリントン、
キャブ・キャロウェイ、ラッキー・ミリンダー、ライオネル・ハンプトンの楽団、
ブルースではブラインド・ウィリー・マクテル、パパ・チャーリー・ジャクソン、
さらにロバート・ジョンソン、ハウリン・ウルフ、ライトニン・ホプキンス。
R&Bとなると切りがない…。

これら最も黒々とした演奏を聞かせる。

こういったところはなかなか売りにくいですが、
ブルース、R&B、ジャズ、ジャンプ/ジャイヴなど、
レコード、CD、福岡市城南区、福岡市、福岡県内、
福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

店主のディスクジョッキー

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ