福岡市西区で森新一CD買取 ジャズ ブルースCDレコード買取ます。

福岡市西区で森新一のCDの大量買取がありました。

凄い歌い手です。圧巻です。

ずばり日本一ではないでしょうか。

戦前ブルースの弾き語りとか、ジャズ・ボーカルとか、
ファドの女王とか、
世界中に凄い人はいっぱいいますが、
日本には森新一がいました。

あの掠れ声は全く以て彼独自のもので、
情念を込めて歌われると、
「演歌」の範疇を超えて、「森新一」というジャンルになってしまいます。

彼は演歌以外にもポップス系の歌も歌います。
ただ、古賀政男にしても、吉田拓郎にしても、大滝詠一にしても、
あるいは、榊いずみの歌でさえ、森新一になってしまう。
圧倒的な歌声で存在感が楽曲を上回ってしまいます。

ジャズの天才、ルイ・アームストロングがどんなポップスでさえ、
彼がラッパを吹くと、ニューオリンズのブルースを感じさせるように、
森新一が歌うと、どんな曲も「日本のブルース」を感じさせます。

もちろん、つまらない曲やアレンジで、退屈なものがありますが、
入荷したものの中に、2005年の作品で「森進一セルフカバー・アルバム」なる、
デビュー40周年記念アルバムがありました。
厳選20曲をリアレンジ&ニュー・レコーディングしたセルフ・カヴァー作品で、
ジャズ界隈の宮川彬良、佐山雅弘など大物が編曲を担当。

ジャズメンたちはシンプルな伴奏に徹しており、
森のボーカルをより生々しく聞かせることに徹底しています。

ここ最近、八代亜紀などベテラン歌手がジャズに接近してますが、
森進一は元々演歌に縛られることないポップスを歌っていたこともあり、
気張ることなく、気障に歌うことなく、柔軟に、というか、森進一は森進一であり、
ジャズとか関係なく「森進一の素」が最大限に発揮された名盤だと思います。

また今の円熟味のある歌声も良いですが、
初期の「おふくろさん」「港町ブルース」は、
まるで、ブルースのハウリン・ウルフかのごとく大迫力です。
音が歪んでるかのようで、ボリュームを下げてしまいそうになりました。

また、古賀政男を歌ったアルバム「影を慕いて」からの「人生の並木道」は絶品です。

ちなみに、その後、息子さんのワンオクを聞きましたが、
英語で歌われても、よく通る声質はさすがだと思います。

演歌のレコードは買取してませんが、
演歌や懐メロのCDは買取します(シングルは除く)。

ロック、ジャズ、ブルースなどのレコード、CD、
福岡、出張買取、持ち込み・店頭買取、日本全国、宅配買取致します。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
[事務所]
〒819-0043
福岡市西区野方二丁目28-10

[店舗]
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27

■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

店舗案内

店舗:
〒819-0043
福岡市西区 野方三丁目-35-27
※無料駐車場3台あり
店舗営業時間 13:00~19:00(基本)
定休日 金曜日
(出張買取・即売会などで臨時休業あり。ホームページでお知らせします)
※買取に関しましては朝9時から夜8時まで。基本年中無休で問い合わせ承ります。

店舗案内はこちら

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ