福岡市中央区薬院で大滝詠一 山下達郎などのレコード出張買取。

福岡市中央区薬院にて大滝詠一、初期の山下達郎、
レッド・ツェッペリンなどのロックのレコードの出張買取がありました。

達郎、大滝といえば、オールディーズ・マニアで有名です。
最近、私も女性アイドル・オールディーズにハマってました。
ジョニー・ソマーズは有名です。
彼女はジャズも多く歌っており、
そこから女性ジャズ・ボーカルを改めて聞こうと思って、
いろいろと聞き始めたら、これがなかなか面白いもので、
当サイトの「店主のディスク・ジョッキー」で紹介しております。

西海岸ジャズの流れで、ギタリストにバーニー・ケッセルが出てくることが多い。
彼のバッキング・ギターに惚れたのが、かのフィル・スペクター。
そう考えると、西海岸の女性ジャズ・ボーカルの流れで、
オールディーズもサーフィン/ホッドロッドもソフト・ロックも繋がっている。
ソフィスティケイトされた、この地の音楽は、
東海岸の洗練されて、尖った音とは対照的に、
娯楽的、ハリウッド的なものが多く、
気楽な気持ちで聴けるので、暑い夏にはピッタリです。
仕事のやる気には向いていないのか、
聞いてると心地よくなって、体が動きません…、

山下達郎の「サーカス・タウン」でも、
ロサンゼルス・サイト(B面)の「夏の陽」なんか聞いてると気持ちよい。
プロデュースはアソシエイション、ラヴィン スプーンフル、MFQなど、
ソフト・ロック・ファンにはお馴染みのジェリー・イエスター。

最近、頻繁に聞いているのが、大滝詠一「恋するふたり」。
2003年に発売され、復活作「幸せな結末」と比べて、あまり話題にならなかったが、
本当に素晴らしい曲で、これほど、グッときて、さわやかな曲はない。
松本隆の文学的な作詞にはない、多幸福(大瀧詠一)のストレートな詞が、
ナイアガラ初期を彷彿させ、
メロディやアレンジはロンバケ以降。
大滝の円熟した名作だと思う。

これほど幸せな曲が遺作になって、大滝さんは幸せだったと思う。
終盤の「ダンドゥビダン」のコーラスを21世紀の音質で聞けたことは奇跡だ。
このコーラスでフェイドアウトしていくのが、今となると悲しい。

ナイアガラ、ティン・パン・アレー、URCなどの日本のロックのレコード、CD、
福岡市中央区、福岡市、福岡県、出張買取、持ち込み(店頭)買取、
日本全国、宅配買取致します。

レコード買取の福岡・アッサンブラージュ

お問い合わせ

アッサンブラージュ

事務所:092-407-9961
担当/大里
携帯:090-8914-9246
メール:kenjikora@ybb.ne.jp
古物商許可証 [第909990040640号/福岡県公安委員会]
福岡古書組合会員
〒819-0043 
福岡市西区野方二丁目28-10
■福岡市、北九州市、久留米市、筑豊、筑後、福岡県内、福岡近辺、どこでも出張買取致します。まずはお問い合わせ下さい。

持ち込み買取について

会社概要

サイトマップ

古本・ポスター買取はアッサンブラージュ